ジョージ・クルーニー、テキーラ事業を10億ドルで売却

最新ニュース

ジョージ・クルーニー-(C)Getty Images
  • ジョージ・クルーニー-(C)Getty Images
  • ジョージ・クルーニー-(C)Getty Images
  • ジョージ・クルーニー - (C) Getty Images
  • ジョージ・クルーニー - (C) Getty Images
ジョージ・クルーニーが、友人と共同経営するテキーラのブランドを約10億ドルで売却するに合意した。

ジョージは親友でシンディ・クロフォードの夫でもあるランディ・ガーバー、もう1人の友人と3人で2013年、テキーラのブランド「カーサミーゴス」を創業したが、今回イギリスの大手酒造メーカーの「ディアジオ」が同ブランドを買収すると発表した。

ディアジオはまず7億ドルを支払い、今後10年間の業績次第で最大3億ドルを支払う形で買収は行われるという。

ランディによると、もともとは「一番美味しく飲めるテキーラを自分たちのブランドとして作ろう」という仲間内のアイディアからスタートしたビジネスは、ジョージのネームバリューも手伝って現在20か国で販売されている。

ジョージは「もし4年前に、私たちが10億ドルの会社を持っているかと聞かれたら、私たちは『はい』とは言わなかったでしょう。これは当社に対するディアジオ社の信頼、私たちのディアジオ社への信頼を反映しています。でも私たちはどこへも行きません。今後もカーサミーゴスに深く関わっていきます」と声明を発表した。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top