『東京喰種』喫茶店“あんていく”が渋谷駅に期間限定オープン!

映画

『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会
  • 『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会
  • 『東京喰種 トーキョーグール』(C)2017「東京喰種」製作委員会
窪田正孝が主演を務める、石田スイ原作による実写映画『東京喰種 トーキョーグール』。この度、劇中に登場する喫茶店“あんていく”が、7月1日(土)よりJR渋谷駅構内にて期間限定でオープンすることが決定した。

人の姿をしながらも人を喰らう怪人「喰種(グール)」。水とコーヒー以外で摂取できるのは人体のみ、という正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街・東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ/窪田正孝)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故のとき一緒にいた知人のリゼという少女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店「あんていく」で働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧島董香(トーカ/清水富美加)と出会う。「あんていく」は喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。カネキは愛する人や友人とどう向き合うか葛藤する中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いが始まるのだった…。

人を喰らう怪人“喰種”が潜む東京を舞台とした本作。ある事件がきっかけで半喰種となったカネキこと金木研役を窪田さん、喰種として生きる運命を背負い、人間の世界になじもうと努力する女子高生、トーカこと霧嶋董香役を清水富美加が演じるほか、鈴木伸之、大泉洋、蒼井優らが出演し「東京喰種」の世界を体現する。

そして今回、本作の公開を記念して、カネキが行きつけの喫茶店“あんていく”がJR渋谷駅(山手線外回りホーム上)にオープン! 劇中で登場する喫茶店「あんていく」は、一見普通の喫茶店となんら変わらないが、実は喰種が集まる店で、店員もまた喰種。ここは、喰種にとって情報交換の場であり、一時の心安らげる場所。そして半喰種になって苦悩するカネキは、店長の芳村に導かれ、この店で働き始めることに…。後にカネキを支えることになる女子高生・トーカもアルバイトをしており、カネキが想いを寄せるリゼ(蒼井優)との出会いも、ここ「あんていく」。

喰種は人の姿をし、ヒトを捕食して生きる怪人。人間が食べているものは「不味く」感じて食べられないが、ただ唯一、コーヒーだけは人間同様に美味しく味わうことができる。普段は人間と同じように生活している喰種だが、食事に関しては人間同様に振る舞うのが至難の業なのだ。

今回オープンする喫茶店“あんていく”は、喫茶“あんていく”オリジナルと銘打ったコーヒーやカフェオレなどを提供。また、映画の小道具や衣装の展示、プロモーション映像が上映されるという。喫茶店“あんていく”は、7月1日(土)から7月31日(月)9時半~21時(フード・ドリンクL.O.:20時半/最終日のみ17時閉店予定 )までの期間限定。“喰種“になった気分でぜひ「東京喰種」の世界観を味わってみて。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

『東京喰種 トーキョーグール』

好きなキャラクターは?

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top