L・ジェームズ、『ベイビー・ドライバー』はミュージカル風?「きっちり振り付けされたシーンもある」

映画

『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『ベイビー・ドライバー』
3月に開催されたサウス・バイ・サウス・ウェスト映画祭でお披露目され、大絶賛の観客賞を受賞し、全米映画批評No.1サイトRottenTomatoで高評価の96%フレッシュを獲得した『ベイビー・ドライバー』。この度、本作のヒロイン、デボラを演じたリリー・ジェームズが本作について語るインタビュー映像が到着した。

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子どものころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子・デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし、彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

本作は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』など、エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアル・テクニック、そして様々な映画の引用で、世界中のファンから愛されているエドガー・ライトが、本格的ハリウッド長編映画デビューを果たし脚本・監督を務める最新作。

主人公ベイビーには、『きっと、星のせいじゃない。』『ダイバージェント』のアンセル・エルゴート、ヒロインには『シンデレラ』のリリーがキャスティングされてるほか、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス、ケヴィン・スペイシーなど豪華俳優陣の共演も話題となっている。

到着した映像では、今回が初めてエドガー・ライト作品へ参加となったリリーが、本作について語る様子が収められている。「監督のファンだから脚本が届いて嬉しかった」と脚本を手に取ったときのことをふり返り、続けてリリーは「読もうとしたら読みながら音楽が聴けるアプリが付いていたの。車のドアやワイパー音などの効果音までミックスされていたわ。だから、読みながら完全にこの映画の世界に没頭することができたし、こんな脚本は初めてだったわ」とライト監督らしいサプライズに感激したそう。

本作は、全編に流れる楽曲に合わせた台詞やドライビングシーンの作品構成で、カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも評されており、そんな劇中でも重要な役割を果たしている音楽については「この映画全体が主人公のベイビー自身のサウンドトラックになっている。(彼の)耳鳴りを消すためのね。だから観客は音楽を聴きながら、彼と一緒に世界を見ることになる。全ての物事が音楽に合わせて起こるの。“音楽”がこれほど重要な作品はいままで観たことがないわ」と熱弁。そして、「全編を通してミュージカル風で、きっちり振り付けされたシーンもあるの。それに、カーチェイスは全部CGではなく本物よ。だからリアルで危険なの。撮影シーンを見たけどすごく迫力があったわ」と語っている。


『ベイビー・ドライバー』は8月19日(土)新宿バルト9ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top