菅田将暉、不在の小栗旬に代わり「まーきの!」ポーズをさく裂

最新ニュース

「週刊少年ジャンプ」で大人気を誇る同名漫画の映画化『銀魂』の大ヒット御礼舞台挨拶が7月22日(土)、都内にて行われ、出演する菅田将暉、福田雄一監督が登壇。「今日が誕生日」という客席の女性に向かい「おめでとう」と、にっこり言葉を送った菅田さん。福田監督がさらなるリクエストを要求し、ドラマ「花より男子」の小栗旬が演じた花沢類の名台詞「まーきの」を、女性の名前「ふーたば」に代え、小首をかしげて言ってみせ、菅田さんのとっさの機転とサービスに、会場が沸いた。

宇宙一バカな侍映画と銘打った『銀魂』は、公開8日目となった7月21日(金)時点の興行収入で13億7,000万円を、動員数も100万人を超えると、今年の実写邦画No.1を記録し、好調更新し続けている。銀髪の天然パーマがトレードマークの「万事屋銀ちゃん」こと坂田銀時(小栗さん)と、同じく万事屋で働く新八(菅田さん)と、神楽(橋本環奈)たちの身に起きる様々な事件を描いていく。

上映後の舞台挨拶ということもあり、ネタバレありのトークで大盛り上がりの菅田さんと福田監督。眼鏡をかけ、一見気弱そうなキャラクターの新八を演じることについて、福田監督は「小栗くんも『はまると思わなかった』と言っていたけど、俺は最初から自信があったんだよ。だって、普段そんな強いキャラじゃないじゃん? 表に出ると格好つけてるけどさ(笑)。太賀にすごくいじめられたりしてさあ!」と親しい距離感からの実情をバラすと、菅田さんもたじたじで、「すぐ怒られる(笑)」と同意。福田監督も「普段はこっち(新八)に近いんですよ。現場でも『福田さん、超当たり役きた!』って言ってましたもん」」と、さらに頷いていた。

この日は、菅田さんと同じ志村新八役をアニメ版で演じている声優の阪口大助がサプライズ応援ゲストとして登場。まったく知らされていなかったという菅田さんと福田監督は、「ええええ!!」と腰を抜かさんばかりの勢いで、「すげえ!」「何で!」と大興奮。特に福田監督は、「こんなに声を聴いているだけで幸せってすごいね! キャスト、全員ファンだったよ!」と、もはや観客をさしおいて大興奮を見せ、「すごい! ちょっと写真撮らせてください…」とおもむろに自身のスマホを取り出し、菅田さんと阪口さんの2ショットを壇上で収めていた。

『銀魂』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top