野村周平「ほん怖」初登場! 「読んでいて普通に怖かった」

最新ニュース

「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」
  • 「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」
  • 「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」
『ちはやふる』シリーズや『サクラダリセット』『帝一の國』『22年目の告白―私が殺人犯です―』と話題作への出演が続く人気若手俳優の野村周平が、8月19日(土)放送の「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」に出演することが決定。野村さんが「ほん怖」に出演するのは今回が初となり、「子どものころからいつも見ていた番組なので、すごくうれしかった」と喜びを語っている。

日本中から届いた本当に起きた心霊現象や不思議な体験を、忠実にドラマで再現し放送する「ほんとにあった怖い話」、通称「ほん怖」。今回は全5話での放送となっているようで、先日は「NEWS」手越祐也出演のドラマ「或るマンション」の放送が発表されたが、野村さんが出演するドラマは「箱」。

本作で野村さんが演じるのは、旧家の古い蔵の解体作業を依頼された工務店勤務の間宮和幸。百年以上開いていないという先祖代々守られてきた蔵には、様々なものが入っていたが、2階にポツンと一つだけ箱が置いてあった。その箱は蓋も開け口も見つからず、なぜかガサガサと音がするだけ。さらに箱の写真を撮影してみると、そこには白い光の点や細い光の線が映り込んでいた。解体の依頼者である家主に箱のことを尋ねても、「引き取ってくれ」という一点張りで、箱の正体を明かしてくれない。ある夜、間宮は我慢できなくなり、箱がある蔵へ向かう。そして箱に手をかけると…というストーリー。

出演を喜んだ野村さんだが、台本を読むと「“これ本当にあったの!?”と思うような話で、読んでいて普通に怖かったです」と実話じゃないと疑いたくなる内容だったと明かす。また、怖い話は好きだが怖がりだと言う野村さんは、「泊まりのロケ先で、夜みんなで集まって強がって怖い話をしてしまうと、いざ自分の部屋に戻ると眠れなくなって、トイレも明るくなってから行こう…って経験はあります」と意外な一面も。

そして、ホラー作品も嫌いではないが、わざわざ選んだり一人で観たりはしないとも話しており、今回撮影については「自分が見て怖いと思える作品にしたいです。驚いている表情がおもしろくならないように作品に入り込んで、全部本気で演じていこうと思います」と意気込み。また「夏にぴったりの怖い作品になるようにしたいです。お子さんに限らず、大人の方にもぜひ楽しんでいただきたいです」とアピールした。

土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」は8月19日(土)21時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top