齊藤工監督&高橋一生が登壇!『blank13』「したコメ」オープニング作品に

映画

『blank13』(C)2017「blank13」製作委員会
  • 『blank13』(C)2017「blank13」製作委員会
  • 高橋一生
現在放送中の話題作、連続ドラマW「アキラとあきら」に出演する人気俳優の斎藤工が、「齊藤工」名義で長編監督デビューを果たした『blank13』が、9月15日(金)より開催される「第10回したまちコメディ映画祭in台東」のオープニング作品に選出されることが決定。また16日(土)には、齊藤工監督と主演の高橋一生が登壇することも明らかになった。

13年前に突然失踪した父が余命3か月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人の間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして、父は13年間なにをしていたのか? もう取り戻せないと思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…。

本作は、放送作家・はしもとこうじの実話を基に、13年前に突然失踪した父が余命3か月で見つかったことから始まるある家族の物語を、監督独自の世界観で描いた映画。主人公・コウジ役を人気俳優の高橋さんが務め、さらに彼女役を松岡茉優、失踪した父親役にリリー・フランキー、母親役を神野三鈴が演じ、そのほか伊藤沙莉、村上淳、福士誠治、金子ノブアキ、佐藤二朗ら多彩な俳優陣が集結。そして、斎藤さん自身も主人公の兄役で出演している。また、音楽監督は金子さん、スチール撮影はレスリー・キーが務めた。

すでに本作は、本年度の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にて、観客賞にあたるゆうばりファンタランド大賞<作品賞>を受賞、「第20回上海国際映画祭」(アジア新人賞部門)では最優秀監督賞も受賞。

そして、今回選出されることがが決定した「したまちコメディ映画祭in台東」は、東京随一の下町の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わってもらうことを目的とした、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。「映画(Cinema)」「したまち(Down town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元民、映画・喜劇を愛する人々が一体となって盛り上がれる、住民参加型の映画祭となっている。

『blank13』は2018年2月3日(土)シネマート新宿にて限定公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top