窪田正孝&新井浩文が兄弟役! 吉田恵輔監督オリジナル脚本『犬猿』

映画

人気コミック「ヒメアノ~ル」を映画化した日本映画界の鬼才・吉田恵輔監督が、実に4年ぶりのオリジナル脚本で描き出す映画『犬猿』が来年2月に公開されることが決定。今回のテーマは「兄弟」「姉妹」。兄弟役に窪田正孝と新井浩文、姉妹役を江上敬子(「ニッチェ」)と筧美和子が演じることも分かった。

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この2組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく――。

かねてより、ヒューマンコメディーの名手として定評のある吉田監督が今回描き出した物語のテーマは、「兄弟」「姉妹」。一番近くで自分を見てきた最大の理解者だが、色々知られているからうっとおしい。似てないようで、どこかそっくり。あんな風にはなりたくない…でも、時には羨ましく思ったり。自分では悪口を言うけど、他人に言われると妙にムカついたり。羨望、嫉妬、近親憎悪…。身近な存在に抱いた複雑な感情を、持ち味とも言うべき笑いとペーソスの絶妙なバランスの中に思いっきり注ぎ込み、リアルな人間ドラマとして吉田流に描き上げる!

そんな「兄弟」のマジメで気の優しい等身大のサラリーマンの弟・金山和成を演じるのは、「THE LAST COP/ラストコップ」シリーズや『東京喰種 トーキョーグール』に出演し、現在放送中の主演ドラマ「僕たちがやりました」では高校生役を熱演している人気俳優の窪田さん。対して乱暴者でトラブルメーカーの兄・金山卓司役に、数々の作品で多彩な役柄を魅力的に演じてきた実力派俳優の新井さんが演じる。また、個性的なキャラクターで人気の女性お笑い芸人の江上さんと、グラビア誌からバラエティ番組に至るまでマルチな活躍が注目されている女性タレントの筧さんが姉妹、幾野由利亜と真子役を熱演する。 

窪田さんは、「吉田監督の演出はとても魅力的で日常に起こり得る、心情の静かなトーンやダークな色合いを引き出してもらい、気付けばご本人の人柄に惹かれていました」と魅力を語り、「人間って何なんだろう。なんで兄弟なんだろう。なんで家族なんだろう。なんであの人は…。誰しも色んな場面で不公平と思う瞬間が沢山あるかと思います。見え隠れする心情がこの犬猿という映画につまっていると思います。今回参加させていただき大変光栄でしたし、貴重な経験をさせていただきました」とコメント。一方、新井さんはひと言「窪田君とうちが兄弟にみえるのか。それだけが心配です」と不安を口に。

そして、台本を読み進めていくにつれ、自身の役に感情移入してしまい、引くくらい泣いてしまったと明かす江上さんは、「初めてしっかり挑んだ映画が犬猿で良かったですし、演じた役が由利亜で良かった! それは間違いなく言えます。コントの演技で培った顔芸は封印し(のつもりですが…)、女優になった私の演技をぜひ見ていただきたいです」とアピール。脚本を読んで、不思議なほどに自分と役とが重なる感覚があったと言う筧さんは、「兄弟という関係を通じて、ひとりひとりが抱えている葛藤や弱さや思いがすごくリアルで人間味溢れる登場人物それぞれが愛おしかったです。こんなにも素敵な映画で大切な役を任せて頂けたこと、憧れの監督や役者さんとご一緒させて頂けること、すべてチャンスだと思って役と一緒に自分も成長していく気持ちで一生懸命やらせて頂きました」とコメントしている。

凶暴でヤクザな兄vsクソマジメな弟、仕事はできるがブスの姉vsルックスは良いけどおバカな妹。このキャストたちが演じることで、一体どんな化学反応が巻き起こるのか、期待せずにはいられない。

『犬猿』は2018年2月、テアトル新宿ほか全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top