松居大悟監督最新作『アイスと雨音』ティザービジュアル完成! 来春公開へ

映画

ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」のメイン監督を務めた松居大悟の最新作『アイスと雨音』が、2018年春に公開されることが決定。あわせてティザービジュアルとストーリーが公開された。

「え、中止なんですか?」2017年3月、小さな町で舞台が予定されていた。イギリスの戯曲を、日本で初上演する。オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む6人の少年少女たち。しかし、その舞台は突如中止となった。落胆する出演者たち、だが、ひとりの少女がこう言い放つ。「ねぇ、稽古しようよ」。どうしても舞台に立ちたい。その後、大人たちに直談判するも、決定は覆らない。本番の予定だった日。彼らは警備をふり切り、劇場に突入する――。

『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』や、「クリープハイプ」「チャットモンチー」のMVなども担当する松居監督が手掛ける本作は、現実と虚構、映画と演劇の狭間に立たされ、小さな町でもがいて生きる若者たちの物語。

オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む6人の少年少女たちを、『忍たま乱太郎』の紅甘、舞台を中心に活動する戸塚丈太郎、『笑う招き猫』『心が叫びたがってるんだ。』の森田想、「13歳のハローワーク」の田中偉登、俳優で声優の青木柚、そして田中怜子が演じるほか、音楽を担当した2人組のヒップホップバンド「MOROHA」、『さよならドビュッシー』の監督であり、俳優としても知られる利重剛も出演している。

また今回、凛々しい表情でこちらを見つめる6人の姿を捉えたティザービジュアルも到着。彼らの衣装を担当したのは、10代の青春をテーマにしたスタイリングに定評がある若手気鋭のファッションデザイナーKEISUKEYOSHIDA。映画衣装を手掛けるのは今回が初となるKEISUKEYOSHIDAさんは、「不安も多かったのですが、松居さんからこの企画のお誘いいただいたときに、これは絶対にやりたいと思いました」とコメント。そして「僕は普段、明るいのか暗いのかわからない思春期の子たちの感情や、彼らのもがく姿にどうしようもないくらい強く惹かれてファッションをデザインしているのですが、松居さんも思春期にどうしようもないくらいに惹かれ、その一瞬に特別な感情を持って向き合っていてその姿勢にひたすらに共感しています」と語り、今回の衣装については「ひとりひとりの魅力がより伝わるように意識してスタイリングを組みました」と話している。

『アイスと雨音』は2018年春、渋谷ユーロスペースほか順次公開予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top