陣内孝則&木村多江らが参加! 玉山鉄二×佐々木希「雨が降ると君は優しい」

最新ニュース

Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
  • Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
  • Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」
玉山鉄二と佐々木希が夫婦役で共演し、数々の社会現象を巻き起こしてきた鬼才・野島伸司が手掛ける最新オリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」。この度、「愛しあってるかい!」(’89)以来28年ぶりに野島作品に挑む陣内孝則を始め、木村多江、古谷一行、奥菜恵、笛木優子ら実力派俳優が本作に出演することが分かった。

本作は、心から愛し合いながらも、妻の“セックス依存症性(性嗜好障害の一つ)”という究極の試練を与えられた新婚夫婦、立木信夫(玉山さん)と立木彩(佐々木さん)を中心に、心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇を切なく鋭く描いていく物語。

そして今回、立木夫妻を囲む主要キャストが決定! 俳優だけでなく、映画監督など幅広く活躍する陣内さんが演じるのは、文芸誌「ストーリーファイル」の編集長・倉田和馬役。カリスマ編集者として名を馳せているが、実は心に大きな闇を抱えており、それが原因で長きにわたりアルコール依存症に陥っているという役どころ。また木村さんは、倉田と依存症の治療を発端に恋人関係にあって、彩のカウンセリングを担当する臨床心理士・小早川志保役を演じる。

陣内さんは「『愛しあってるかい!』以来、28年ぶりに野島伸司先生に声を掛けていただけるとは…! オファーがきたときは驚きましたし、嬉しかったです。しかも、授かった役は“心の闇”というウィークポイントを持つ半面、ともすれば人生を侵されてしまいそうな“危険な色気”のある男。この役を全うするため、多少痩せて、現場に臨みました」とコメント。一方、いち視聴者として野島作品を観てきたと語る木村さんは「夢のようでうれしかった」と話し、「私が演じる志保は、非常に理性的で理知的だけど、感情をコントロールできません。そんな人間臭さが魅力的な人だと思います。ですから、常に客観性を持っている人が、主観的に壊れてしまう自分との間でもがいている、揺れや苦しみを出すことを意識して演じました」と役作りを語っている。

さらに、奥菜さんが公私共に親しい関係にある信夫と彩にも言えない秘密を抱えるファッション誌編集長・新城玲子役。笛木さんは、重大な秘密を抱えている、ヒット作を連発する作家・雫石奈美役。そして、女性編集者を次々と食い物にしてきたとうわさされる怪しげな大物作家で、自分の新しい担当編集となった新人・平川百合の上司である倉田和馬との間に、根深い確執・因縁がある小野田史郎役を古谷さんが扮する。

第1話は、出版社に勤める立木信夫は、上司の倉田和馬から創刊を控えた月刊文芸誌「ストーリーファイル」の副編集長に任じられる。多忙を極め郊外に買った家にはなかなか帰れないが、妻の彩とは深く愛し合い、仲睦まじい夫婦生活を送っていた。だが、彩には信夫には想像もつかない“秘密”があった。彼女はなんと、性嗜好障害の一つである“セックス依存症”に陥っていたのだ! 眩しく晴れた暑い日には抗えない衝動を覚え、不特定多数の男と肉体関係を持ってしまう彩…。信夫を心から愛するがゆえに、そんな自分に激しい嫌悪感を覚え苦しむ彼女は、意を決して著名なカウンセラー・小早川志保のもとを訪れる。彩は信夫には内緒で、なんとか障害を克服しようとするのだが…。

Huluオリジナル「雨が降ると君は優しい」は9月16日(土)よりHuluにて2話ずつ配信(全8話)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top