斎藤工、「最上の命医」恒例“被りもの姿”を初公開!今回はクジラーマン!?

最新ニュース

ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル「最上の命医 2017」(C)テレビ東京
斎藤工が、小さないのちに極限まで向き合う小児外科医を演じてきたドラマ「最上の命医」。そのスペシャル「最上の命医2017」が、いよいよ8月23日(水)21時より放送されることに合わせ、本ドラマではお馴染みの斎藤さんの被りものシーンが初公開された。

本作は、“無限の樹形図”=子どものいのちを救うことは、たくさんの未来を救うこと、という信念を持つ若き小児外科医・西條命が、小さな生命を救うために挑む姿とその奇跡を描く本格医療ドラマ。2011年1月期に連続ドラマとして放送され、斎藤さんのブレイクの礎となった。

実はこれまでのシリーズで、連続ドラマではカブトムシの“カブトマル”、昨年2月放送のスペシャルではキリンの“ジラフマン”に扮していた、斎藤さん演じる命。

子どもたちの笑顔のためにヒーローになりきる命の被りもののシーンは、本ドラマシリーズ恒例の、ホッとする名場面の1つ。イケメンながら、こうした被りものにも喜々としてチャレンジする、斎藤さんの魅力あふれる姿には注目だ。

今回のスペシャルには、妊娠が判明する女子中学生・萌絵(桃果)の厳格な母親・萩尾一路役に大塚寧々。そして、命の恩師である小児外科医・手塚義富役に草刈正雄、その娘で視覚障がいを持つ里香役に志田未来と実力派が参戦。さらに、連ドラ時代から命を尊敬し、淡い恋心を抱いていた小児外科医・瀬名マリア役の比嘉愛未、連ドラ、昨年スペシャルに続き、斎藤さんと共にシリーズ全作品に出演してきた泉谷しげるという豪華出演陣が再結集している。

ドラマスペシャル「最上の命医 2017」は8月23日(水)21時~テレビ東京系列にて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top