井上真央、大河以来の連ドラ主演!10月期ドラマ「明日の約束」でスクールカウンセラー役

最新ニュース

井上真央が、カンテレ・フジテレビの10月期“火9”枠のヒューマン・ミステリー「明日の約束」に出演。2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」以来の連続ドラマ主演を務めることになった。

主人公の藍沢日向29歳は、高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげている。背後に、誰にも相談できない苦悩…“毒親”ともいえる過干渉な母親とのいびつな関係に悩み、育ってきた経験があったからだ。

日々、業務に熱心にまい進する日向はある日、気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。だが、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。いったい誰が…と、“犯人探し”が始まった。やがて、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。学校での陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、彼自身の非行歴と不穏な交友関係…。

また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。しかし、日向は、生徒の死の原因を究明したい一心で、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは? 果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは…?

本作は、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」「幽かな彼女」「任侠ヘルパー」「ガリレオ」などを手がけてきた古家和尚が脚本を務める完全オリジナル作品。誰よりも人の心に寄り添うスクールカウンセラーが、謎が残る生徒の死の原因をさまざまな難題と直面しながら究明、人の心の闇と向き合っていく。

井上さんが久々の現代劇ドラマで挑むのは、勤勉さと前向きな性格で経験の浅さをカバーしている“体あたり系”のスクールカウンセラー。人の悩みに寄り添い、心の専門家の視点から指導や援助を行うカウンセラーを目指したのは、自身が感情の起伏が激しくヒステリックな“毒親”に育てられてきたことがきっかけ。小学生のころ、「あしたのやくそく」という交換日記を、強制的に母親につけさせられていたため、いまでも「約束させられること」が苦手で、3年間交際している恋人がいる、という役どころ。

「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていた」と井上さん。「嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」と語り、「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです」と意欲を見せている。

プロデューサーの河西秀幸は、ストーリーは「単なる“犯人探し”ではありません。視聴者にも色々な問いかけをしていきます。今回のストーリーは実は、もしかしたら誰にでも明日、起きるかもしれない身近なものだからです」とコメント。

日向は、生徒に対しては“第三者として”冷静にアドバイスをしながらも、「“毒親”ともいえる自分の母親に対しては、毅然とした態度を取りきることができないという矛盾を抱えています。そういう難しい役ですが、数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感していただける」と起用の理由を明かした。ドラマでは、主人公だけでなく、生徒をはじめとする登場キャラクターの親子の問題が色濃く描かれていくという。

キャストはまだ発表されていないが、椿が丘高校1年の学年主任で1年B組の担任・霧島直樹 (43)、日向の恋人・本庄和彦 (28)、椿が丘高校2年A組担任・北見雄二郎 (27)、同校臨時教員で2年複数クラス副担任・大宮奈緒 (25)、同校1年B組の生徒で2学期が始まって間もなく不可解な死を遂げる吉岡圭吾(16)、彼の幼なじみで同校を中退した白井香澄(19)、温厚な椿が丘高校校長・轟木正雄(55)、娘を縛り続けてきた日向の母親・藍沢尚子 (55)、一人息子の圭吾を溺愛している母親・吉岡真紀子(39)といった人物が登場する予定。

「明日の約束」は10月期、火曜21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top