マーティン・スコセッシ、“ジョーカー”の単独映画をプロデュース?

最新ニュース

ヒース・レジャー-(C)Getty Images
  • ヒース・レジャー-(C)Getty Images
  • マーティン・スコセッシ  -(C) Getty Images
  • ジャック・ニコルソン-(C)Getty Images
  • ヒース・レジャー-(C)Getty Images
  • ジャレッド・レト-(C) Getty Images
巨匠マーティン・スコセッシが、DCコミックスのスーパーヴィラン“ジョーカー”を主役とした映画をプロデュースするため、ワーナー・ブラザースと交渉中であることが報じられた。

「Deadline」によると、監督・脚本を『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス、共同脚本を『ザ・ファイター』のスコット・シルバーが担当することが決定しているという。

ジョーカーといえば、いままでにシーザー・ロメロ、ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレッド・レトと4人の俳優が演じてきた。このジョーカー単独映画では『スーサイド・スクワッド』でジャレッドが演じた最新版のジョーカーとは全く違ったジョーカーが描かれることから、「別のもっと若い俳優」を新たにキャスティングするようだ。

物語の舞台は、1980年代のゴッサム・シティ。ジョーカーのオリジン(起源)に焦点を当て、いわゆる典型的なスーパーヒーローものの映画ではなく、「ハードボイルドなクライムドラマ」テイストを想定しているとのこと。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top