黒木啓司&山田裕貴らの「負けたくない!」役づくりに脚本家も感嘆

最新ニュース

『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント -(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント -(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント・ウェルカムボード -(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 「White Rascals」 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
  • 「鬼邪高校」映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
「HiGH&LOW」シリーズの劇場版最新作『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』。公開2日間で3億5146万円を突破、数々のライバル作品をおさえて週末興行ランキング第1位のロケットスタートを切った本作のスペシャルトークイベントが、アニメイト池袋本店9Fイベントスペースにて開催。シークレットとなっていたスペシャルゲストとして、黒木啓司、山田裕貴、稲葉友、鈴木貴之、一ノ瀬ワタルの豪華出演者5人が登壇した。

イベントでは、登壇者たちが演じたキャラクターについてのトークや撮影秘話に加え、アニメイトでのイベントならではの、アニメにまつわる話も。会場には約200人ものファンが集結し、熱気に満ちあふれた空気の中でイベントは行われた。来場者にはゲストはシークレットとなっていたため、キャストが登壇するたびに会場は狂喜の声が上がった。

『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
まずは、「HiGH&LOW」シリーズでは、キャラクター1人1人にも深いバックストーリーがあり、リアルとファンタジーがコラボした独自の世界観が創り出されていることから、それぞれのキャラクターについての話に。

黒木さんは、White Rascalsを率いたRocky役について「HIROさんから、白をイメージしたチームでということしか言われてなかったので、自分の中でどうやってふくらましていくかということを考えました。また、メンバーにキャラの強い『ゴールデンボンバー』さんがいたので、それに勝つにはどうしたらいいのかということを考えました」と明かす。さらに「100人のメンバーが出てくるので、その中でキャラ立ちさせるために、“ジャパニーズジョーカー”にしたいと思い、作り上げていった結果、このような外見になりました」と言う。

その言葉を受け、脚本・プロデューサーの平沼紀久氏も、「ちなみに撮影に日にすでに衣装が決まっていたのですが、黒木さんがサングラスと杖と手帳を自ら買ってきました!」と補足。

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
同じくWhite RascalsのKIZZY役を演じた稲葉さんは、「黒木さんと違い、何も買っていないのですが(笑)」と前置きしつつ、「僕は、シーズン2からの登場だったので、キャストの皆様が作ってくれた世界観の空いたところで暴れてやる! と思って演じました。特徴としては、男性的な印象をあたえる喉仏が隠れる衣装で隠れるのがいいなと思ってましたが、しゃべりづらくて(笑)。でも、もっとしゃべりづらそうな衣装の黒木さんの前で弱気なことは言えないので、頑張りました(笑)」と明かしてくれた。

「White Rascals」 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
「そうそうたるメンバーの中で、負けたくない! という気持ちが強かった」と話すのは、鬼邪高校・村山役の山田さん。「鬼邪高のチームの特徴ゆえ、ただのヤンキーに見えがちなので、色をつけるために、アクション監督と話しました。そこで、鬼邪高の百発殴られても立っていることができたら番長になれるという、設定にのっかって、ゾンビのキャラでいくことにしました!」と、自分なりにふくらませた役づくりを告白。

平沼さんは、その村山に「自分の書いたキャラクターの中で、一番成長したキャラクターだったので、感謝の気持ちを伝えたいです。そして、特に鬼邪高は3人の仲の良さが特徴的ですね!」とコメントした。

続いて鬼邪高校・古屋役の鈴木さんが、「村山のキャラクター性が際立っていたので、バリバリのヤンキーで行った方が鬼邪高として太くなるのではないかなと思い、普通の高校生を意識してありえないキャラクターにならないように気をつけて演じました」と言うと、「古屋は実は東大に行けるくらい頭がよいけど、喧嘩がしたいから鬼邪高に行ったという裏設定を作ってました!」と山田さん。「脚本書いてる自分ですが、初めて聞きましたよ(笑)!」と平沼さんを驚かせた。

「鬼邪高校」映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』-(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
そして鬼邪高校・関役の一ノ瀬さんも、「鬼邪高校の3人は、もとは仲の悪い設定でしたが、いまとなっては、二人の愛だけで演じてます!」と、“仲間愛”を語った。

本日はアニメイトでのイベントにちなみ、好きなアニメについても話が及ぶと、「僕は世代的にも、なんといっても『ドラゴンボール』です!」と黒木さん。稲葉さんは「『鋼の錬金術師』がたまらないですね。なんでこんなに話がよく出来ているんだろうと感心してしまいます」とコメント。山田さんは、「アニメや声優さんたちが大好きなので、ワンピースの声優の方と会うことがあったときには、震えながらサインをお願いしました(笑)」と語り「村山を演じているときは、『HUNTER×HUNTER』のクロロに似てると思ってるので、いつかクロロ役お願いします!(笑)」とアピール。

稲葉さんは「やんちゃな漫画が好きなので、『ろくでなしブルース』や『クローズ』が大好きです! なので、今回の役もとても楽しくて、地元の友達にも、僕が古屋役を演じてくれていることを喜んでくれてました!」と明かす。「漫画大好き」という一ノ瀬さんも、「特に『狂四郎2030』、『行け!稲中卓球部』、『ベルセルク』、『ジャングルの王者ターちゃん』とは、人生を一緒に歩んできました(笑)」と語ってくれた。

『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』スペシャルイベント・ウェルカムボード -(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top