菅田将暉、リバウンドしたヤン・イクチュンのお腹を愛おしくナデナデ

最新ニュース

菅田将暉&ヤン・イクチュン/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • 菅田将暉&ヤン・イクチュン/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • 菅田将暉&ヤン・イクチュン/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • 菅田将暉&ヤン・イクチュン/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • 菅田将暉/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • ヤン・イクチュン/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • 木下あかり/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • モロ師岡/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
  • 今野杏南/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
菅田将暉、ヤン・イクチュンのW主演が話題の映画『あゝ、荒野』の完成披露上映会舞台挨拶が8月27日(日)、都内にて行われ、菅田さん、イクチュンさんら全10名が「孤独をブチ壊せ」と描かれた壁をブチ破って登壇した。ボクサー役を演じるにあたって、撮影の半年前から肉体改造を行ったという菅田さんは、「僕とヤンさんの体重差が、撮影半年前は20キロ。僕は50数キロ、ヤンさんが70数キロで、劇中では60数キロに(合わせる)という絶望的なスタートだったんですけど、僕は増量&ヤンさんは減量しました」と、壮絶な過程を告白。しかし、見事にリバウンドしたというイクチュンさんは、この日ややぽっこりしたお腹を菅田さんに見せつけており、愛おしそうになでられていた。

菅田将暉&ヤン・イクチュン/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
『あゝ、荒野』は、寺山修司による唯一の長編小説を前後篇の2部作で映画化した、魂を揺さぶる衝撃作。ふとしたきっかけで出会った、見た目も性格も対照的な新次(菅田さん)とバリカン(イクチュンさん)。しかし孤独を抱えているという共通項があったふたりは、ジムのトレーナー・片目(ユースケ・サンタマリア)とプロボクサーを目指すように。いつしかお互いを想う深い絆と友情を育み、成長していくが、ある宿命に直面することになる。

トレーナー役のユースケさんは、「心が痛かったです。俺の愛する菅田くんとイクチュン、山田(裕貴)くんがリングの上でボロボロになっていくんです」と言えば、でんでんさんも「何回でもやるんだもんね! よく皆、スタミナがあったね」と盛り上げる。しかし、ユースケさんが、「でんでんさんが来て1日で突き指をして、ジャブしか受けられなくなった(笑)」とバラすと、ボクサーチームも大盛り上がり。続けてユースケさんが「(イクチュンさんを鍛える)シーンを、全部ジャブでしのいだ。でんでんさんの力ですよ、俺はできない!」と褒めそやすと、菅田さんも「でんでんさんが現場にきてから士気が上がりました!」と存在を讃え、イクチュンさんも「でんでんさんは、ボクシング選手を育てるのではなく超人を育てるトレーナーでしたね」とニヤリとしていた。

ユースケ・サンタマリア/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
そんな菅田さんと山田裕貴による、激しいスパーリングも本作の見どころのひとつ。ボディには本当に当たっていたというエピソードトークを繰り広げたふたり、山田さんが「お芝居を超えたっていうか、本当にボクシングをしていたのが画に出ていたからよかった」と満足気な表情でつぶやくと、すかさず菅田さんが「その後、某少女漫画原作作品でお会いしたときは、何こいつ気どってるんだろうって思った(笑)」とバラすと、山田さんも「そうだね、かっこつけてたよね(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。

山田裕貴/『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶
そのほか、完成披露上映会舞台挨拶には、木下あかり、モロ師岡、今野杏南、木村多江、岸善幸監督が出席した。

『あゝ、荒野』前篇は10月7日(土)より、後篇は10月21日(土)より全国にて順次公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top