クロエ・グレース・モレッツ、海外メディア絶賛の演技力披露『彼女が目覚めるその日まで』予告

映画

『彼女が目覚めるその日まで』 (C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.
  • 『彼女が目覚めるその日まで』 (C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.
  • 『彼女が目覚めるその日まで』(C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.
  • 『彼女が目覚めるその日まで』 (C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.
ニューヨーク・タイムズのベストセラー・ノンフィクション第1位に輝いた「脳に棲む魔物」(スザンナ・キャハラン著)を原作に、主演クロエ・グレース・モレッツ×製作シャーリーズ・セロンで映画化した『彼女が目覚めるその日まで』。クロエが、原因不明の病と闘う女性を体当たりの演技で挑んだ涙と感動の物語から、この度日本版予告編が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

今回公開された予告編では、ニューヨーク・ポスト紙で働く、仕事にプライベートに充実した普通の21歳の女性、クロエ演じる主人公スザンナの姿が映し出されるところからスタート。恋も仕事も順調で、「いつかは一面を飾ってみせるわ」と宣言するスザンナだったが、突如として病に倒れ、泣き叫んだり真っ赤な顔で痙攣したり、虚ろな目で一点を見つめる姿など、この原因不明の病の怖さを訴えかける。

そんなクロエ演技力に、海外のメディアは「クロエの円熟した迫真の演技」(LIVE FOR FILMS)、「医療制度に警鐘を鳴らす必見の映画」(TRONTO FILM SCENE)と絶賛。

また映像中盤からは、献身的にスザンナを支える恋人役のトーマス・マンや、目覚めぬ娘の回復を信じ続ける両親役のキャリー=アン・モス、リチャード・アーミテイジらの力強い演技合戦にも注目だ。



手記「脳に棲む魔物」の著者であり、本作の共同プロデューサーを務めたスザンナ・キャハラン氏は、映画について「当時を思い出して、何度も胸が苦しくなりました。特に、恋人や両親のシーンを観るのは特に辛いです」と語る。しかし、「これは映画というエンターテインメントでありながら、『抗NMDA受容体脳炎』という病気に対する意識を喚起するものにもなるので、多くの人を助ける映画になることを確信しています」と話している。

『彼女が目覚めるその日まで』は12月16日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top