ナット・ウルフは“夜神月”に負けないハイスペック男子!? Netflix版『デスノート』

映画

ナット・ウルフ/  『Death Note/デスノート』
  • ナット・ウルフ/  『Death Note/デスノート』
  • ナット・ウルフ/ 『Death Note/デスノート』
  • ハリウッド版「Death Note/デスノート」ジャパンプレミア
  • Netflixオリジナル映画 『Death Note/デスノート』
  • Netflixオリジナル映画 『Death Note/デスノート』
  • ナット・ウルフ/ 『Death Note/デスノート』
大場つぐみ(原作・原案)と小畑健(作画)による人気コミックをハリウッドで実写映画化し、Netflixを通じて世界190か国へ同時配信されている『Death Note/デスノート』。このほど、原作の夜神月役に当たる主人公ライト・ターナーを務めたナット・ウルフのキャスティング秘話が明らかとなった。

『サプライズ』『ザ・ゲスト』、『ゴジラVSコング』(原題/2020年公開予定)のアダム・ウィンガードが監督を務めた本作。主人公ライト・ターナーを演じているのは、カーラ・デルヴィーニュ共演『ペーパータウン』や全米No.1ヒットになった『きっと、星のせいじゃない。』など青春ラブストーリーに出演し、いまハリウッド期待の若手No.1と注目されているナット・ウルフ。

ナット・ウルフ/ 『Death Note/デスノート』
ナットのキャスティングに関してプロデューサーを務めたジェイソン・ホッフスは、「ライトはときに感傷的で脆く、そうかと思えば次の瞬間には残忍にもなれる少年です。ナットにはそんなライトの複雑な内面を表現できると思ったのです。映画の全体を通して、ライトが正義でない行動をとり始めた後も、視聴者は彼の中に人間くささを感じるはずです」と語り、その演技力を絶賛。

一方、ナットは脚本を読み、アニメや原作マンガにも目を通し、すぐにそのストーリーに魅了されたという。「発想やテーマがすごく秀逸でしたね。ライトは最初、物事を単純に白か黒かに分けるような性格でしたが、次第に世の中はそんなに簡単にはいかないことを理解していきます。“大いなる力には大いなる責任が伴う”といったようにね。そうすると次第に自分自身のイメージも崩壊してゆく、そんなライトの複雑に変化してゆくキャラクターが大好き」と語り、自身でもお気に入りのキャラクターであることを明かしている。

Netflixオリジナル映画 『Death Note/デスノート』
原作の夜神月といえば、容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能、そして父親は高級官僚というハイスペックなキャラクターだが、実はナットも、夜神月に勝るとも劣らない高スペック男子。父はジャズピアニストのマイケル・ウルフ、母は女優兼脚本家のポリー・ドライパー。そしてナット自身も子役から活躍し、ニコロデオンの人気番組「ネイキッド・ブラザーズ・バンド」で一躍知られるようになった。そんなナットの出自も、ライト役へのキャスティングにひと役買っていたのかもしれない。


Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』は全世界同時配信中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top