アダム・サンドラー&ベン・スティラーらカンヌを賑わせた豪華な家族が配信へ『マイヤーウィッツ家の人々』

映画

Netflixオリジナル映画『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』
  • Netflixオリジナル映画『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』
  • 『The Meyerowitz Stories(New and Selected)』(原題)会見の様子-(C)AYAKO ISHIZU
  • ノア・バームバック&アダム・サンドラー&ダスティン・ホフマン&ベン・スティラー&エマ・トンプソン-(C)Getty Images
  • アダム・サンドラー&ダスティン・ホフマン&ベン・スティラー&エマ・トンプソン-(C)Getty Images
  • アダム・サンドラー-(C)Getty Images
  • ベン・スティラー-(C)Getty Images
  • エマ・トンプソン -(C) Getty Images
  • ダスティン・ホフマン-(C)Getty Images
ダスティン・ホフマン、ベン・スティラー、アダム・サンドラー、エマ・トンプソンらが豪華共演し、今年のカンヌ国際映画祭でも話題を呼んだNetflixオリジナル映画『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』(原題『The Meyerowitz Stories(New and Selected)』)が10月13日(金)より配信決定。さらに、この愛すべき家族が登場する特別映像が公開された。

本作は、年老いた芸術家の父親ハロルド(ホフマン)のお祝いのために家に帰ってきた3人の兄妹ダニー、マシュー、ジェーンが、彼との関係に折り合いをつけようと悪戦苦闘。彼らが大人になっても大きな影響力を持つ父親との葛藤、そして家族の絆を描いたホームコメディ。


監督は、『イカとクジラ』で2005年のサンダンス映画祭で監督賞と脚本賞を受賞し、アカデミー賞脚本賞にもノミネートされ、『フランシス・ハ』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』などを手がけてきたノア・バームバック。主演は、ダニー役にサンドラー、マシュー役にスティラーというハリウッドのキング・オブ・コメディアンといっても過言ではない2人。この夢の競演は、まさに映画ファン必見。そのほか、舞台作品で活躍するエリザベス・マーヴェル、『美女と野獣』も記憶に新しい名女優エマ・トンプソン、そして父親ハロルド役を演じるのは、映画史に残る名優ダスティン・ホフマンという豪華な顔ぶれ。

ノア・バームバック&アダム・サンドラー&ダスティン・ホフマン&ベン・スティラー&エマ・トンプソン-(C)Getty Images
ハリウッドの大御所キャスト陣と“次世代のウディ・アレン”とも称されるバームバック監督が贈る愛すべき家族の物語は、ポン・ジュノ監督『オクジャ/okja』と共に、今年の第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にNetflixオリジナル作品として初めて正式出品され、世界を賑わせたばかり。

誰もが共感できる世代間ギャップが笑いを誘い、家族の愛と厄介さに心温まる、秋にぴったりの物語となりそうだ。

『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』は10月13日(金)よりNetflixにて全世界同時配信。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top