「目が笑ってない!」岡田准一に煽られ、東出昌大が“東出スマイル”披露し観客騒然!

最新ニュース

映画『関ヶ原』大ヒットを記念して9月5日(火)、主演の岡田准一、東出昌大、原田眞人監督が舞台挨拶に登壇した。

司馬遼太郎の大ベストセラーを原作に、天下分け目の決戦がいかに始まり、いかに終わったのか? それぞれの武将たちの思惑が絡み合っていくさまを描き出す。公開週に続き、2週連続で週末興行ランキングでも1位を獲得し、観客動員数は100万人突破目前。9月4日(月)現在で興行収入は11億8千万円に達した。

『関ヶ原』大ヒット舞台挨拶
岡田さんは「“鬼ヒット”をテーマにやってきましたが、この場に立てていることが嬉しい」とご満悦。「鬼ヒットの上に、さらに“修羅ヒット”があるので、なんとか修羅まで行きたい!」と語る。

東出さんも「歴史好きの友達が『関ヶ原』が映画化されてよかったし、この『関ヶ原』でよかったと言ってくれる」とニッコリ。この東出さんの微笑みについて、岡田さんは「東出スマイルしてる?」とツッコミ。岡田さん曰く、東出スマイルとは「業界内でも知られている、(東出さんの)目が笑っていないけど、顔は笑っているという怖い顔」のことだそう。岡田さんのリクエストに応えて、東出さんは特大の東出スマイルを披露し、会場は歓声と悲鳴(?)に包まれた。

“東出スマイル”を披露した東出昌大/『関ヶ原』大ヒット舞台挨拶
原田監督も大ヒットに安堵の表情で、本作を「アメリカのアカデミー賞(※外国語映画賞)に持っていきたい!」と意気軒高。「今月に(日本からの候補作の)選考があるけど、僕は嫌われてるから選ばれないけど、『関ヶ原』は…」と語った。

この日は、三成から数えて15代目の子孫にあたる石田秀雄氏が祝福に駆け付けたが、石田さんは映画について「大画面から飛び出してくるようだった」と絶賛。岡田さんの三成、そして東出さんが演じた小早川秀秋についても「これまで三成は冷徹な小役人、秀秋は凡庸な裏切り者というとらえ方でしたが、それを見事に払拭していた。これをスタートに再評価が始まると思う」と称賛していた。

東出昌大/『関ヶ原』大ヒット舞台挨拶
東出さんから、石田家の子々孫々に伝わっていることについて質問が飛ぶと、石田さんは「三成のDNAが濃くて、正義感がもろに出てしまう。真理を言っても必ずしも人はついてこないと三成を反面教師にしています」と明かす。また、原作で三成は戦場で腹痛に苦しんだという描写があるが、石田さんは「過敏性胃腸炎は、父も私も息子にもあり、石田家では“三成腹”と呼んでいます」とこちらも子々孫々に受け継がれていると明かす。岡田さんは「本当なんですね!」と驚きつつ「今回、台本にはなかったけど、演じながら『実はお腹が痛い…』と思いながら演じてました」と告白。石田さんは映画を観て「それは感じていました」と語り、岡田さんは「裏テーマで、誰も気づかないだろうと思いながらやっていたので、伝わって嬉しいです」と笑顔を見せていた。

『関ヶ原』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top