福山雅治の眼差しに是枝監督もゾクゾク…「ただ“見てる”ときの画が強い」

映画

『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
  • 『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
現在開催中のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、公式上映も話題を呼んだ是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』。本作で『そして父になる』に続いて是枝監督とタッグを組み、裁判に“勝つこと”最優先のクールな弁護士・重盛を演じたのが福山雅治。今回は監督も大絶賛を贈る、福山さんの眼差しの演技に注目した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

『そして父になる』から4年、是枝監督とは2度目のタッグとなった福山さん。ミュージシャンや写真家としても活躍しながら、同作では日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞するなど、多方面で才能を発揮している。『そして父になる』では、一見、冷徹に見える超エリートの父親・良多を演じていたが、本作でも超エリートで、裁判に勝つためなら真実は二の次と考える弁護士・重盛役を熱演。劇中では、重盛が弁護することになった容疑者の三隅(役所広司)の二転三転する供述に大きく揺さぶられ、真実を求めていくうちに、三隅の深い闇に飲み込まれていく姿を鮮烈に演じている。

『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
是枝監督は、今回4年ぶりの再タッグとなった福山さんについて、「『そして父になる』でも思っていたのですが、福山さんはただ“見てる”ときの画がすごく強い人。何かを“見てる眼差し”や“見てる表情”から、いろんな感情が読み取れる。ですから、黙っているシーンをどう魅力的に撮るかということを考えました」と語る。セリフ以外の場面でも感情が滲み出る福山さんの眼差しの演技を大絶賛する是枝監督は、「そんな福山さんを、役所さんの力を借りて、どう揺さぶっていくか、どういじめていくかというのが今回のコンセプトです(笑)」と明かす。

『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
最初の本読みの段階から、福山さん演じる重盛と役所さん演じる三隅がガラス越しに会話を交わす接見室のシーンのやりとりを目の当たりにした是枝監督は、身体的な動きが制限される場面にも関わらず、2人がお互いを揺さぶり合い、感情や立場が大きく動いていく様に、圧倒的な面白さを感じ、ゾクゾクしたという。その結果、接見室でのやりとりのシーンを、当初より大幅に増やすことにしたのだとか。

是枝監督をも魅了する福山さんの眼差しの演技と、その目で真実を問いかける三隅との接見室のシーンは、必見ポイントの1つといえそうだ。

『三度目の殺人』 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
『三度目の殺人』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top