宮崎あおい、「篤姫」以来9年ぶり共演の長塚京三に「すげえなあ」

最新ニュース

宮崎あおい/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 宮崎あおい/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 宮崎あおい&長塚京三/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 長塚京三/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 三宅弘城/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 脚本家の大森美香/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 宮崎あおい/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
  • 「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
直木賞作家・朝井まかての小説「眩」を4Kドラマ化した「眩(くらら)~北斎の娘~」の試写会が9月12日(火)、NHK局内にて行われ、出演する宮崎あおい、長塚京三、三宅弘城と脚本家の大森美香が会見に出席した。

大河ドラマ「篤姫」以来、9年ぶりの共演となる宮崎さんと長塚さん。宮崎さんは、「『篤姫』でご一緒したときは、父親でもチャーミングで愛らしい印象でしたが、今回は『長塚さんは、こんなに大きな人だったっけ?』と、関係性がまったく違い、いろいろなことが新鮮で、お栄として『すげえなあ』って思っている1か月でした」と、長塚さん演じる北斎の迫力を口にしていた。

宮崎あおい&長塚京三/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
「眩~北斎の娘~」は江戸の天才絵師である葛飾北斎(長塚さん)を陰で支えつつ、晩年には独自の画風にたどり着いた北斎の娘・お栄(宮崎さん)の半生にスポットを当てたドラマ。北斎の三女として生まれたお栄は、町絵師と夫婦になったものの、絵筆を持つことをやめられず、北斎の元に嫁ぎ先から出戻る。お栄は北斎の絵の手伝いを始めながら、北斎の門人である善次郎(松田龍平)との密かな恋心も紡いでいく。

お栄を演じるにあたり、宮崎さんは「絵を描くことも、言葉遣いも、お着物をこんなふうに着ることも初めてで、お芝居をすることが純粋にすごく楽しくて幸せな1か月でした」と、いい作品を作りたい一心で取り組んだという充実した撮影を述懐。長塚さんも、「1か月、夢のようでした」と瞳を輝かせながら、「北斎という世界的にも日本人としてポピュラーな人を演じられて、大変光栄でした。NHKの美術さん、衣装もデザインもセットも小道具に至るまで素晴らしく、色にあふれていて美しい世界に感動しました」と心を込めた。

宮崎あおい/「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
本ドラマで宮崎さんは老けメイクを施すシーンにも挑戦している。「特殊メイクをしていただいたことはあるんですが、10年以上前で。自分がおばあちゃんの顔になれることなんてないので、すごい貴重な経験でした」とふり返った宮崎さんは、「撮影の何日か前に祖父に会ったときの肌の質感を覚えていて、まったく同じものだったのですごいと思いました」と自身の経験に重ね合わせた。さらに、宮崎さんは「しわは、その人の歴史を感じられると思うので、このしわを素敵だなと思える年の取り方をしたいです」と未来への抱負も語った。

「眩(くらら)~北斎の娘~」試写会
特集ドラマ「眩~北斎の娘~」はNHK総合にて9月18日(月)19時30分から放送。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top