元乃木坂・深川麻衣、映画初主演! 相手役に三代目JSB・山下健二郎『パンとバスと2度目のハツコイ』

映画

『パンとバスと2度目のハツコイ』(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
  • 『パンとバスと2度目のハツコイ』(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
  • 『パンとバスと2度目のハツコイ』(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
  • 『パンとバスと2度目のハツコイ』(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
  • 『パンとバスと2度目のハツコイ』(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
  • Leola
昨年「乃木坂46」を卒業した深川麻衣が、恋愛映画の旗手として注目を集める監督・今泉力哉が描くオリジナル恋愛ストーリー『パンとバスと2度目のハツコイ』で映画初出演、初主演を務めることが決定。共演には「三代目 J Soul Brothers」パフォーマー、山下健二郎が参加していることも分かった。なお本作は、10月25日(水)より開催される「第30回東京国際映画祭」に特別招待作品として出品することも決定している。

物語は、「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから始まる――。

プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことをいまでも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリーだ。

男女の一筋縄ではいかない恋愛模様を描いた『サッドティー』で注目され、『知らない、ふたり』『退屈な日々にさようならを』などを手掛けるほか、「乃木坂46」の個人PVなど、映画以外にも活動の幅が広い今泉監督が、「結婚」をテーマに、コミカルで人間交差点的な今泉力哉ワールド全開の恋愛群像劇を繰り広げる。

主演を務めるのは、「乃木坂46」1期生としてメンバー入りし、14thシングル「ハルジオンが咲く頃」で初のセンターを務め、昨年6月に卒業した深川さん。また彼女の相手役は、「三代目 J Soul Brothers」のメンバーとして人気を博す中、現在「dTV」「FOD」にて配信中のドラマ「Love or Not」で初主演を務めるなど、俳優としても活躍する山下さんが務める。

映画について深川さんは、「登場人物たちが、今泉監督の描く、あたたかく繊細な時間の中で、色々な『好き』の形を模索していく作品です」と話し、「映画の撮影は、私にとってこの作品が初めてだったので、自分の中でも凄く大切な作品になりました」とコメント。本作に参加して「今泉監督の世界観を肌で感じることができたので自分にとってとても貴重な時間でした!」と感想を述べた山下さんは、「自分にはない引き出しが増えたような気がします」と語る。見どころについては「全く異なる恋愛観を持つ2人の人間模様です。モヤモヤした感じ、ホッコリ出来る場面などがあり色々と想像をかきたてられる作品となっています」とアピールしている。

2人のほかにも、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂が出演する。

そして今回公開決定にあわせて、安藤モモ子第1回映画監督作品『カケラ』や、「クリープハイプ」のCDジャケットなど数々の作品を世に送り出してきたトップクリエイター・松本弦人がポスターデザインとロゴデザインを担当したポスタービジュアルと、特報映像が解禁。映像では、深川さん演じるふみの「好きにならないくせに」に対して、山下さん演じるたもつの「え?」というバスの中でのやりとりからスタート。また、ふみ独自の恋愛感を語るシーンが映し出されている。


なお、主題歌はLeolaが担当。映画製作段階から監督とディスカッションを行い本人が書き下ろした楽曲「Puzzle」は、映画本編のエンディングにそっと寄り添い優しくも深みのある余韻を与える。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は2018年2月17日(土)よりイオンシネマにて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top