有村架純、「ひよっこ」愛蔵版フォトブック発売! 舞台裏も初公開

最新ニュース

有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
  • 有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
  • 有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
  • 有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
  • 有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
  • 有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
  • 有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
現在放送中の有村架純主演NHK連続テレビ小説第96作目「ひよっこ」。この度、本作から愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」が9月25日(月)より発売されることが分かった。最新撮り下ろし写真を一挙収録するほか、「ひよっこ」のあのシーン、感動が蘇る舞台裏も初公開される。

紅白歌合戦の司会に月9ドラマ、映画では『ビリギャル』や『僕だけがいない街』『3月のライオン』と話題作に出演し、またヒロインを務めた『ナラタージュ』の公開を控えるなど、いまや女優として不動の地位を確立した有村さん。そんな彼女が朝ドラ初主演を果たしたのが、今年4月にスタート「ひよっこ」。

有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
本作は、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で育った谷田部みね子(有村さん)が、“金の卵”として東京に集団就職し、自らの殻を破って成長していく波乱万丈の青春記を描く。

今回発売されるフォトブックは、連日20%超の高視聴率を記録する同作の舞台である1964年の東京と農村をテーマに、今最も勢いのあるフォトグラファー・大江麻貴が撮影した最新撮り下ろし写真のほか、劇中写真や貴重なオフショットなどを多数収録。

有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
さらに有村さん本人はもちろん、赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の店主を演じた宮本信子や、みね子の親友役を演じる佐久間由衣との対談。そして、中野翠や堀井憲一郎らの寄稿や当時の流行を捉え直すコラムで、貧しくとも多くの日本人が明るい未来を展望した“あの時代”をふり返った、「ひよっこ」の総決算とも言える超豪華版となっている。

有村架純「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」撮影/大江麻貴
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック「1964年の有村架純」は9月25日(月)より発売。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top