ジョシュ・ギャッド、毎晩オラフの声で『アナ雪』の絵本を子どもに読み聞かせ

最新ニュース

ジョシュ・ギャッド-(C)Getty Images
  • ジョシュ・ギャッド-(C)Getty Images
  • ジョシュ・ギャッド-(C)Getty Images
  • ジョシュ・ギャッド-(C)Getty Images
『アナと雪の女王』でオラフの声を担当したジョシュ・ギャッドが「E!News」に近況を語った。

ジョシュは2008年に女優のアイダ・ダーヴィッシュと結婚し、2人の娘を持つパパだ。「『アナ雪』の続編が作られると聞いて、娘さんたちはどんな反応をした?」との「E!News」からの質問に、ジョシュは「『パパ~、私もっとシリアルが食べたい』とか言ってたかな。娘たちは僕の仕事には興味がないんだ」とジョークを飛ばした。

しかし実際は、「すごく楽しみにしているみたいだよ」とジョシュもうれしそう。『アナ雪』の続編は、公開が2019年11月と2年以上も先のことではあるが、ジョシュの子どもたちは毎晩オラフと“会っている”というのだからうらやましいものだ。

ジョシュは「ちょっと甘やかしすぎかな」と認めながらも、「毎晩『アナ雪』の絵本を、オラフの声で読んであげるんだ。そうすれば、より物語を直接的に感じられるでしょう。だから、娘たちにとっては、毎日『アナ雪』の続編を体験しているようなものなんだよね」。

娘たちはパパがオラフを演じている『アナ雪』も好きだが、『スーパーヒーロー・パンツマン』と『SING/シング』の絵本をジョシュにせがむこともあり、この2作品はジョシュのちょっとしたライバルになっているようだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top