【海外ディズニー】超爽快!パーク最長&最速のジェットコースター「カリフォルニア・スクリーミン」体験

最新ニュース

「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「カリフォルニア・スクリーミン」
  • 「ピクサー・ピア」という新エリア
2つのパークや3つの直営ホテル、ショップやレストランも集まる一大リゾートとして、世界中のゲストが愛するカリフォルニア ディズニーランド・リゾート。同パークを訪れた際に一度はライドしたいアトラクションが、「カリフォルニア・スクリーミン」だ。往年の木製コースター風マシンに乗って、スリル満点&超絶爽快の空中疾走体験を現地発レポ。

■ 約37メートルの急勾配を一気に上昇! その直後に息つく間もなく急降下!


スリルライドの「カリフォルニア・スクリーミン」は、まずシートベルトを締めた後にパラダイス・ベイ内にある桟橋沿いの発射ゾーンへ、滑るように移動をする。出発の合図を待ちながらバーを握っていると、サーカスの客引きの弾んだ声が耳に入ってくる。ほどなくしてカウントダウンが終わると、高さ約37mの急勾配を一気に急上昇! その直後には息つく間もなく急降下をして、パラダイス・ピアの広範囲の上空を駆け抜けて行くことに。

■ 急降下、急上昇、急旋回! 360度回転のダメ押しコースで超爽快な気分に


「カリフォルニア・スクリーミン」の特徴は、急降下からの急上昇、そして急旋回、渦巻きスピンなどなど、乗車コースターは水しぶきをあげ、パラダイス・ピアのボードウォーク・エリアを大疾走する。途中、スカイブルーの「スクリーム・チューブ」に猛スピードで突っ込み、スピンやターンを交互に繰り返しながら頂上で“小休止”。しかしその直後、コースターはUターンするように急降下、そして360度の回転で超爽快な気分を楽しめる。

■ 絶叫の瞬間を記念写真に! 比較的アップ目のライドショットなので確認はマスト


ディズニーランド・リゾート内のほかのアトラクションと同様に、「カリフォルニア・スクリーミン」でも、いわゆる“ライドショット”の提供をしている。ライドショットは、最後のループをコースターが駆けおりる際にスナップ写真として撮影され、この記念写真は、アトラクション終了後に「カリフォルニア・スクリーム・キャム」という併設のショップで購入が可能。アップ目に映っているライドショットなので、絶叫の瞬間こそ記念写真に!

■ 2018年夏にピクサーのエリアに 見慣れた景色をいまのうちに堪能しておこう


ちなみに「カリフォルニア・スクリーミン」があるエリアでは2018年夏頃、これまでの「パラダイス・ピア」のテーマを変え、「ピクサー・ピア」という新エリアに生まれ変わることが決まっている。『トイ・ストーリー』や『Mr.インクレディブル』などのディズニー/ピクサー映画の世界が楽しめるエリアにモデルチェンジすることが決まっているので、見慣れた「パラダイス・ピア」の景観が広がっているいまこそ、「カリフォルニア・スクリーミン」にライドだ!

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショーの内容など異なる場合もあり得ます。
※紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。

As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top