石原さとみ、日比谷で“ハイカラな秋”!CMソングは佐藤千亜妃&金子ノブアキがタッグ

最新ニュース

東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
  • 東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
石原さとみが出演し、東京都内の知られざるスポットを紹介していく「Find my Tokyo.」。本日9月29日(金)から、新CM「日比谷 歴史と文化が色づく」篇が特設サイトにて先行公開。小林武史プロデュースによるCMタイアップソングには、「きのこ帝国」の佐藤千亜妃と、金子ノブアキが参加している。

今回のCMは、“ハイカラ”がいまも楽しめる街、日比谷が舞台。日比谷といえば、“ホテルや劇場のあるオシャレな街”というイメージが強いが、もともと江戸時代より外交・交渉のための要所で、海外文化の取り入れ口だったといわれ、洋風文化発祥の歴史を数多く持つ街でもある。

そんな日比谷への石原さんのお出かけ相手は、前回に引き続き安田聖愛。日比谷線に乗って日比谷に降り立った2人は、ロードショー発祥の映画館「有楽町スバル座」での映画観賞をはじめ、「cafe紅鹿舎」で元祖ピザトーストに「美味しゅうございます」と舌鼓を打ったり、日本最古の野外音楽堂である日比谷公園小音楽堂を訪れたりと、日比谷の街の魅力を体感、秋のおでかけにぴったりな“ハイカラ”を巡っていく。

東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
また、CMソングは「佐藤千亜妃と金子ノブアキと小林武史」による「太陽に背いて」。小林さんプロデュースのもと、『湯を沸かすほどの熱い愛』の主題歌でも知られる「きのこ帝国」佐藤さんが歌唱、「RIZE」でもお馴染みの金子さんがドラムスを演奏する。CM中で石原さんたちは、日比谷公園小音楽堂でリハーサル中の佐藤さんに遭遇! また、“行列のできる靴磨き”とまでいわれる「千葉スペシャル」では「劇団プレステージ」の俳優陣の姿も登場する。

東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
今回の撮影が行われたのは、4月下旬。「ハイカラな秋」というコンセプトに合わせたレトロテイストのドレスとオシャレなヘッドピースは、より大人っぽい雰囲気で石原さんにぴったり、現場は一気に秋のムードに包まれた。さらに「有楽町スバル座」で、石原さんはスクリーンを目の前に感極まり涙をにじませる演技を披露。これが1発OKとなり、スタッフ一同、彼女の女優としてのすごさを改めて実感したという。

東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
CMソング「太陽に背いて」について、小林さんは「メトロという言葉のイメージに入り込んでいくと、ふと僕は、時代感や文化的背景などを越えたり繋いだりクロスしたりします。だから僕は今回アートなのかSFなのか青春なのか、それもいくつかの時代感をミックスしたような映画みたいなものをイメージして作りました」とコメント。「平成最後の東京の『恋する惑星』(ウォン・カーウァイ監督作)です。佐藤千亜妃はそれにもっとも相応しい主人公で、美形で歌に曲に透明な色気を持っていて、そしてその相手は危ないほどのキレと甘さを持っている金子ノブアキです。僕はおまけです」と、楽曲への思いを寄せている。

東京メトロ「Find my Tokyo.」「日比谷」篇
なお、東京メトロ駅構内・車内ディスプレイで先行公開となっていた「Find my Tokyo.」のステートメントムービーの新バージョン「Find my Tokyo.コンセプト」篇も、初公開のフルバージョンとともに到着。新バージョンでは「back numberと秦基博と小林武史」の「reunion」にのせ、「Find my Tokyo.」に込めた想いを石原さんが語るものとなっている。

「Find my Tokyo.」第3弾CM「日比谷 歴史と文化が色づく」篇は9月29日(金)10時より特設サイト、メトロ駅構内・車内ディスプレイ、およびTV(関東地域のみ)にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top