小倉優子、7年ぶりドラマ出演!初共演・神木隆之介の気遣いに「すばらしい親御さんなんだろう」

最新ニュース

木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
  • 木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
  • 木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
  • 木曜劇場「刑事ゆがみ」(C)フジテレビ
浅野忠信と神木隆之介が初共演する10月スタートの新ドラマ「刑事ゆがみ」。浅野さんと神木さんが、それぞれ“犯罪者の心を読める天才適当刑事”弓神適当と“正義感強い腹黒刑事”羽生虎夫に扮し、この凸凹バディが難事件を解決する様子を描く本作の第1話に、小倉優子がゲスト出演することが決定した。

ドラマは、現代社会が抱えている問題が絡んだ事件を始め、私たちの周りに起こりうる身近な犯罪がテーマ。事件をただ解決するだけでなく、そこに隠された様々な人と人との感情がうごめく人間ドラマもつぶさに描いていく、1話完結の作品。毎回幅広いジャンルの豪華ゲストが出演する本作だが、今回第1話に「新参者」以来約7年ぶりのドラマ出演となる小倉さんが出演。

小倉さんが演じるのは、第1話の事件の被害者である女子大生が、亡くなる1週間ほど前に電車内で痴漢事件にあい、その容疑者となるサラリーマン沢谷勝己の妻・沢谷薫子。彼女は2人の子どもにも恵まれ、ローンはあるものの一軒家のマイホームを持ち何不自由ない生活を送っている。沢谷は家事に協力的で、休みの日には家庭サービスに時間を費やしてくれる理想の夫であり父親。しかし、夫からすると大きな不満はないものの、外では仕事のストレスを抱え、家での理想的な生活にストレスを感じていた。そんなある日、夫が通勤中の電車の中で女子大生に痴漢容疑をかけられてしまい、うきよ署の弓神と羽生の2人が沢谷の家を訪れ、薫子に事情を聞いていく…。

今回久しぶりのドラマ撮影に加え、フジテレビのドラマは初出演となった小倉さん。「セリフのスピード、言葉の語尾の言い方、どういう気持ちでこのセリフを話しているのかな? と考えるところが、バラエティとは違って楽しいけど改めてとても難しかったです」と出演した感想を語り、「今回久々に演じてみて改めて演技は本当に難しいなと感じたので…。私なんかで本当に私でいいんですか? と悩む部分もありますが、何かタイミングが合えば、またチャレンジしてみたいなと思います」とコメント。

「正直、すごい役がきたなと思いました(笑)」とオファー時の心境を明かす小倉さんは、「演じながら、いままでの自分の生活をふり返って、“そうだよなー”と納得したり、改めていろいろなことに気づかされました。もしかしていままで自分の理想を相手に押しつけすぎてしまっていたのかもしれないと反省しちゃいました。このドラマで自分を見つめ直せたので、すごい運命だなと感じました」としみじみ。

また、浅野さんと神木さんとは今回がドラマ初共演。「浅野さんには撮影が始まる前に“久しぶりのドラマでご迷惑をおかけします”という気持ちで謝罪させていただいたら、“全然大丈夫だよ!”と言葉をかけていただきすごく安心しました。神木さんは以前バラエティ番組でご一緒したとき“なんてすばらしい好青年!!”という印象で、今回も細かい気遣いをして下さり“すばらしい親御さんなんだろうな”とすっかり母の目線になってしまいました」と2人の印象について語っている。

木曜劇場「刑事ゆがみ」は10月12日より毎週木曜日22時~フジテレビにて放送(初回15分拡大)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top