山田涼介の悩みに本田翼が珍アドバイス? 「やかましい(笑)!」と却下

最新ニュース

世界的人気漫画を実写化した『鋼の錬金術師』の完成報告会見が、原作でも重要な意味を持つ10月3日(火)に開催! 主演の山田涼介(Hey!Say!JUMP)、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、曽利文彦監督が出席した。

荒川弘の全世界7,000万部突破の人気漫画を原作に、錬金術を使うエドワードとアルフォンスの兄弟が、失った肉体を取り戻すために旅を続ける中で、人造人間(ホムンクルス)を巡る陰謀に巻き込まれていくさまを描き出す。

この10月3日は、原作においてエドとアルが旅立ちを決意した重要な日。山田さんはこ日のためだけに髪を劇中のエドと同じ金髪に染めて来場。開口一番「日本映画から、すごい作品ができました」と自信のコメントを口にする。

『鋼の錬金術師』完成報告会見
原作者の荒川さんからも「『エドがいる!』って驚いた」「原作への寄り添い方とずらし方が絶妙」「山田さんがエドが背負った罪を見事に表現している」といった絶賛のコメントが到着! これには山田さんも「非常に嬉しいです」と安堵の表情。「僕も原作ファンで『鋼の錬金術師』の良さを分かった上でやらせていただき、原作ファンだからこそ恐縮し、“禁忌”に手を出してるような気持ちがあった。完成したエガを見ていただければ『ここはこうきたか!』という感じで、的外れではなく、リスペクトした上でちゃんと原作をなぞっていると思います」とうなずく。

本田さんも原作の大ファンを公言しているが「エドが槍を出すシーンが、漫画にすごく忠実で、ファンからしたら『ちゃんとこの角度で!』という感じで、内心で興奮してました」とガチファン目線で作品の完成度への自信を口にする。

本田翼/『鋼の錬金術師』完成報告会見
CGの緻密さや迫力に目が行きがちだが、ディーンさんは、ドラマ部分に関しても太鼓判。「(エドとアルの)兄弟の物語、自己犠牲やセルフレスな関係、そういう思いが伝わってきて心に残りました。(錬金術のルールである)等価交換とはよく言ったもので、彼らは地獄のようなものを見たからこそ、正確な思考をすることができるようになったり、『深いなぁ』と学ばせてもらいました」と語った。

松雪さんはエドたちの前に立ちはだかる妖艶な敵を演じたが「楽しかったです! ファンタジー作品で悪役をやる夢がかないました」と満面の笑みを浮かべる。敵として対峙した山田さんについて「瞳が美しくて、信念があって魂が宿っていました」「吸い込まれそう!」とうっとり。これには山田さんも照れながら「僕のほうが吸い込まれそうでしたよ(笑)! (衣装の胸元が)ザックリ開いてるから目のやり場に困りました」と困った表情を浮かべていた。

松雪泰子/『鋼の錬金術師』完成報告会見
またエドが失った腕と足の代わりに機械鎧(オートメイル)と呼ばれる機械の義肢を使用していることにちなんで、もしも体の一部を変えられるならどこをどうするか? という質問に、山田さんは「脚を長くします!」と即答。「僕のサイズは大変なんです。パンツも(裾を)切らないといけないし…。でも、このサイズなのでエドを演じることができたので、何とも言えないですが…」と語る。これに対し、本田さんが「レディース用のパンツ買えば?」と提案し、山田さんは「やかましい(笑)!」と応戦。劇中のエドとウィンリィさながらのやり取りを見せる。

本田さんは同じ問いに「手を自在に長くしたり短くしたり…」と言い出し、山田さんが「ほかの漫画になっちゃうから、やめようぜ、その話は」と慌ててストップをかけ、会場は笑いに包まれた。

『鋼の錬金術師』完成報告会見
『鋼の錬金術師』は12月1日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top