「ちびまる子ちゃん」新ED曲はPUFFYの"ナンセンス”な新曲! 作詞はさくらももこ

最新ニュース

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • 「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
  • PUFFY
フジテレビ系にて毎週日曜日放送中の国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」。この度、本作の新エンディング主題歌を、10月8日(日)の放送から「PUFFY」が担当することが発表された。

先日放送されたスぺシャル放送をもって、桑田佳祐が歌うエンディングテーマ曲「100万年の幸せ!!」が見納めとなったが、今回新しく「PUFFY」が担当するエンディング主題歌のタイトルは「すすめナンセンス」。「ちびまる子ちゃん」の主題歌として老若男女誰からも愛される「おどるポンポコリン」と同じく、作詞を原作者・さくらももこ、作曲を織田哲郎が担当! そして、タイトル通りの“ナンセンス”かつ“コミカル”な世界を「PUFFY」が歌っている。

「ちびまる子ちゃん」(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
また、完成したエンディング主題歌のアニメーション映像には、まるちゃんをはじめ、お馴染みのキャラクターが登場する中、アニメで描かれた「PUFFY」の2人も登場する。

「PUFFY」は、「まさか自分たちが、ちびまる子ちゃんのエンディング主題歌を歌うことになるなんて。そしてそのまさかが現実にやってくる日がくるなんて」と心境を話し、「摩訶不思議な歌詞には相当のことがない限りは驚かないPUFFYですが、今回は摩訶不思議+笑ってしまい歌えないというパンチありすぎの歌詞。こんな歌詞を歌えるのは、PUFFY以外いないんじゃないでしょうか、と我ながら思いました。そして最高に楽しい作品になりました」とコメント。

PUFFY
原作者のさくら氏は、久しぶりにものすごくナンセンスな歌が作りたいと思ったそうで、「ナンセンスな歌といえば私にとって織田哲郎さんなんです。『おどるポンポコリン』と『走れ正直者』以来の、織田哲郎&さくらももこナンセンスワールドを作りたいと思ったとき、パッとPUFFYが浮かんだのです。本当にとても愉快な歌ができました。こんなに面白い創作ができて喜びでいっぱいです」と話し、織田氏も「2人が歌い始めた途端にそこはすっかり心地よいPUFFYワールド。さくらももこさんの独特の世界感がPUFFY色に広がってとても素敵な作品に仕上がったと思います」と楽曲に自信を見せている。

「ちびまる子ちゃん」は毎週日曜日18時~フジテレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top