【ディズニー】2パーク合計の入園者数が過去3番目に!2017年度上半期入園者数を発表

最新ニュース

ミッキー&ミニー
  • ミッキー&ミニー
  • 「ディズニー・パイレーツ・サマー」
  • 新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」
東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーにおける2017年度 上半期入園者数を発表した。

同社によると2017年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの2パーク合計の入園者数は、14,775千人(前年同期比103.1%、445千人増)となったという。これは、上半期としては過去3番目に多い入園者数となる。

その理由として同社は、当上半期は東京ディズニーシーの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」や、夏期スペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」といった新規コンテンツが人気を集めたほか、東京ディズニーランドの春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」をはじめとする季節イベントが好評を博したと分析。

今後も新キャッスルプロジェクション「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」が11月に東京ディズニーランドでスタートするほか、2018年1月にはディズニー/ピクサー映画の世界をテーマにしたスペシャルイベント(名称未定)も東京ディズニーシーで始まり、入園者数の動向に影響がありそうだ。

■参考 ≪上半期入園者数≫
2017 年度 : 14,775 千人
2016 年度 : 14,329 千人
2015 年度 : 14,372 千人
2014 年度 : 15,099 千人
2013 年度 : 15,359 千人
2012 年度 : 13,250 千人

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top