織田信長が現代のダメサラリーマンに憑依…田辺誠一主演「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」

最新ニュース

「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
  • 「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」(C)TBS
日本史にその名を刻む“最強武将”織田信長が、正反対の性格を持つ現代のサラリーマンに憑依したら? 奇想天外な設定で描かれる時代劇コメディ「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」が10月7日(土)14時~TBS系全国ネットでオンエアされる。

天下統一を目指したがあと一歩のところで夢破れた信長は、現代でも多くの人が憧れる唯一無二の“最強武将”として、数多くのドラマや映画で描かれてきた存在。

革新的過ぎる性格で時代を切り開いた一方で「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」の句にも代表されるように「残忍」「無慈悲」「無鉄砲者」といったイメージを持たれている信長だが、実は「優しく緻密な」一面もあった…。

本作は『超高速!参勤交代』『超高速!参勤交代リターンズ』で知られる土橋章宏が脚本を手掛け、史実に基づきながら信長の“意外な一面”を物語の随所に盛り込んで、信長によって「岐阜」と命名されてから今年で450年となる岐阜を舞台に人柄はいいが要領の悪さと優柔不断な性格ゆえ万年平社員として働く現代の中年サラリーマンに憑依した信長を描いていく。

万年平社員の小田一夫は、長良川鵜飼の接待の席で誤って川に転落、川底で天下布武の朱印がポケットに紛れ込んでしまったことが元で、織田信長に憑依されてしまう。

一夫に憑依した信長は介護問題、主婦の孤独、子どものSNS依存など、信長は現代社会における家族の闇に直面する一方で、一夫が働く地場の建設会社では持ち前の戦術眼で、戸際に追い込まれた大プロジェクトの起死回生を図る。

しかし一夫には憑依されたときの記憶はなく、家庭や仕事場をひっかき回されてしまい混乱の日々を過ごすことに。だが信長のおかげで徐々に自分の存在感が高まっていくことを実感。また自分に何が足りなかったのかを気付かされ、人として、父としての強さを信長から学んでいく…という物語。

信長に憑依される主人公・小田一夫を田辺誠一が演じるほか、その妻・美紀に森口瑤子、娘の七海に染野有来、母親の花江に草村礼子、そのほか加藤諒、温水洋一、赤木悠真、多田木亮佑らが共演。織田信長役には竹中直人を迎える。

最強武将・信長を新たな視点で現代に蘇らせる「スペシャルドラマ 父、ノブナガ」は10月7日(土)14時~TBS系全国ネットでオンエア。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top