「いつ恋」有村架純&坂口健太郎&森川葵が再集結!理想の恋愛を語り合う「ボクらの時代」

最新ニュース

有村架純&坂口健太郎&森川葵/「ボクらの時代」(C)フジテレビ
  • 有村架純&坂口健太郎&森川葵/「ボクらの時代」(C)フジテレビ
  • 有村架純&坂口健太郎&森川葵/「ボクらの時代」(C)フジテレビ
有村架純、坂口健太郎、森川葵という同世代の人気若手俳優3人が10月8日(日)朝に放送される「ボクらの時代」に出演。月9ドラマ共演から親交を深めた3人が、仕事、家族やプライベート、そして恋愛・結婚観までここだけの貴重なトークを展開する。

有村さん、坂口さん、森川さんの3人は2016年にフジテレビで放送された月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で共演したことがきっかけに親交を深め、今年3月にも共演者6人で集まり「いつ恋」会を開催するなどプライベートでも仲良しだという。

トークでは有村さんが結婚について「30歳がベストかな」と発言すると、坂口さんは「40歳とかになっているかも。でも、親には孫の顔を見せたいな」と話し、それに対して有村さんが「私も思う! 孫の顔見せたいなって」と返すなど、お互いの結婚に対する考えから現在進行中の“親孝行話”まで話が展開。

理想の恋愛の話題では「100%自分が恋をするとしたら相手のことを好きでいたいけど、ちょっとずれた部分とか、自分とマッチしてない部分も好きになれるところがいい」と理想の人、相性について持論を展開する坂口さんに「人間って自分にないところを好きになったりするから」と森川さんも納得。3人は「一目惚れするタイプか否か?」で盛り上がる。

また「心が小2か中2で止まっている」と言われたという坂口さんに有村さんも「私も言われた! 13歳で止まってるって」と両者が“精神年齢の低さ”というまさかの共通点を発見。幼少期に関するトークでは坂口さんがやんちゃだった子ども時代をふり返るほか、芸能界を目指したきっかけに関する話題では15歳でデビューした森川さんが“肉まんを食べたかったからモデルになった”という驚きのエピソードを披露。

そこから坂口さんが「最近は役でいるときのほうが楽。坂口健太郎でいることの方が大変だなって思う」などと“演じないことの難しさ”についても語るなど、ドラマ共演から1年半以上を経てさらに人気者になり注目されるようになった3人が、仲良し同世代ならではの様々なトークを展開する。

有村さんと坂口さんは全国公開中の映画『ナラタージュ』でも共演中。

同作で有村さんは「嵐」松本潤扮する高校教師・葉山に“禁断の恋”をする元生徒のヒロイン・泉を演じ、坂口さんは泉と一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉に恋心と嫉妬を抱き揺れる大学生・小野怜二を演じている。

一方の森川さんは、10月14日(土)より全国にて公開される『恋と嘘』で、自由恋愛が許されない世界に生きるヒロイン・仁坂葵を演じている。

同作はマンガアプリ「マンガボックス」で人気のマンガを、アナザーストーリーとして待望の実写映画化。政府が最良の結婚相手を通知してくれる“恋愛禁止”の世界を舞台に、森川さん演じる仁坂葵が北村匠海演じる幼なじみと佐藤寛太演じる政府通知の相手の間で揺れる様を描く。

「ボクらの時代」は10月8日(日)7:00~フジテレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top