染谷将太との共演でも話題! 中国の“塩顔”イケメン、ホアン・シュアンって!?

韓流・華流

「ミーユエ 王朝を照らす月」(c)東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHK エンタープライズ
  • 「ミーユエ 王朝を照らす月」(c)東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHK エンタープライズ
  • ホアン・シュアン
  • 「ミーユエ 王朝を照らす月」(c)東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHK エンタープライズ
  • 「ミーユエ 王朝を照らす月」(c)東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHK エンタープライズ
坂口健太郎、菅田将暉、綾野剛…と、昨今女性たちのハートをつかんでいるのは、あっさりとした顔の魅力的な“塩顔男子”。実は、中国でも“塩顔”イケメン俳優ホアン・シュアンが大ブレイク中ということで、今回は彼が出演するドラマ「ミーユエ 王朝を照らす月」のDVDリリースに合わせて、ホアン・シュアンに注目してみた。

1985年生まれ32歳のホアン・シュアンは、演技派俳優として評価されているだけでなく、「ディオール(Dior)」のアンバサダーを務め、ファッション誌のグラビアを飾るなど、スタイリッシュなカッコよさでも人気を集める存在。子どもの頃、マイケル・ジャクソンに憧れてダンスを始めたという彼は、北京舞踏学院という名門校の出身。

ホアン・シュアン
チャン・イーモウ監督の映画『王妃の紋章』で王子役に抜擢されたが、脚本の変更で王子の年齢が19歳から14歳に引き下げられると、降板を余儀なくされるホアン・シュアン。しかし、10年後にリベンジが叶いイーモウ監督の米中合作映画『グレートウォール』に出演しマット・デイモンと共演も果たす。また彼の転機が訪れたのは2014年。盲目のマッサージ師を演じた映画『ブラインド・マッサージ』がベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞し、台湾のアカデミー賞・金馬奨で6冠に輝き、ドラマ版「紅いコーリャン」では中国のエミー賞・国劇盛典のブレイクスルー男優賞も獲得した。

そして、彼がさらに注目を浴びることとなったのは、「宮廷の諍い女」の名女優スン・リーが主演を務め、2016年中国No.1大ヒットドラマとなった「ミーユエ 王朝を照らす月」への出演。史上初の中華統一を成し遂げた秦の始皇帝の高祖母にあたる宣太后・ミーユエ。本作は、中国史上初の女性政治家として秦の礎を築き上げた彼女の波乱万丈の生涯を描く物語だ。

「ミーユエ 王朝を照らす月」(c)東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHK エンタープライズ
そんな本作で彼が演じたのは、スン・リー扮する秦の始皇帝の高祖母・宣大后の初恋の相手で、彼女を一途に愛する黄歇役。高貴な出身で高い志をもちながら悲しい運命に翻弄される役どころは “塩顔”イケメンの彼にとってはまり役で、時代劇衣装を美しく着こなす姿も視聴者をうっとりさせた。

また来年には、日中合作映画『空海-KU-KAI-』の公開を控え、今後日本でもブレイクも期待されるホアン・シュアン。ついにトップスターの仲間入りを果たし、いまでは主演ドラマや映画を次々と成功させている彼の魅力をぜひ「ミーユエ 王朝を照らす月」で確認してみて。

「ミーユエ 王朝を照らす月」DVDは発売・レンタル中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top