『リング』20年目の新作『ザ・リング/リバース』進化した“彼女”現る!

映画

初代『リング』公開から20年。数々の続編、リメイクが国内外で制作され、軒並み大ヒットを記録してきた傑作シリーズの最新作『ザ・リング/リバース』。その怖すぎポスタービジュアルが解禁された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

鈴木光司によるベストセラー小説を原作に、1998年に公開された映画『リング』(監督:中田秀夫、脚本:高橋洋)。「呪いのビデオを見た者は、必ず7日後に死ぬ…」という斬新な設定と、TV画面から這い出る“貞子”の強烈な姿が世界中に衝撃を与え、ジャパニーズ・ホラーの代名詞として不動の地位を確立。その後、数々の続編、リメイクが国内外で制作され、軒並み大ヒットを記録してきた傑作シリーズ最新作が、公開20年目の節目にバージョンアップしてハリウッドから再上陸!

呪いのビデオを見てしまった主人公が、そのルーツを辿り、謎を解き明かすべく奔走するという、原作に忠実なストーリーとなる本作。さらに現代ならではの要素も取り入れつつ、さらにバージョンアップを遂げた戦慄シーンの数々は、原作者・鈴木光司氏も「これぞ原点回帰。ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い。驚いた」と絶賛を贈るほど。

このたび解禁されたビジュアルは、床に倒れたテレビ画面から這い出て、こちらに向かってくる“彼女”の姿。不自然な角度に曲がった手足もさることながら、顔面を覆う長い黒髪の向こうから、見えていないはずなのに確かに感じる鋭い眼光が、何よりも恐ろしい!

実はこちらの姿は、本編のとあるシーンを切り取ったもの。公開から20年、テレビや呪いのビデオをめぐる環境も大きく変化したが、もちろん“彼女”も確実に進化を遂げているのだ。

呪いのビデオを見てしまった男女が、迫り来る死の運命から逃れるべく、ビデオのルーツを辿るという、まさに原点回帰でリメイクを手がけたのは、スペインの新星F・ハビエル・グティエレス。脚本にはアカデミー受賞のアキヴァ・ゴールズマンが加わり、新たな戦慄のストーリーが誕生した。

『ザ・リング/リバース』は2018年1月26日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top