釜山国際映画祭、大統領登場で盛り上がり! 有村架純&杉咲花ら日本勢も快挙

最新ニュース

菅田将暉&ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 菅田将暉&ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 有村架純/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 中山美穂/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 『南漢山城』/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 文在寅(ムン・ジェイン)大統領/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 「SHINee」ミンホ/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • 「THE YELLOW MONKEY」/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
  • チャン・ドンゴン&「少女時代」ユナ/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
韓国・釜山市で12日から開催中の第22回釜山国際映画祭(略称BIFF)。まず話題になったのは、開幕式の司会を務めた、チャン・ドンゴンと少女時代のユナ。45歳と27歳の年の差コンビとして話題になったが、本来はチャン・ドンゴンとドラマ「紳士の品格」で共演経験のあるキム・ハヌルが司会を務める予定だった。しかし開幕直前にハヌルの第一子妊娠が判明し、医師団からの忠告で司会を辞退し、女優としても活動するユナに急遽交替したのだ。背中の大きく開いた大人っぽいドレスと、落ち着いた様子でレッドカーペットを歩く姿は、すっかり女優の顔だった。

翌13日、海雲台ビーチのBIFFステージでオープントークを行ったチャン・ドンゴンは、「司会は慣れないので戸惑ったけれど、ユナさんが経験豊かなおかげで、うまく行きました」と語り、ユナと、「SHINee」のミンホと共に、釜山の居酒屋で海を見ながら焼酎を一緒に飲んだことも笑顔で明かした。

チャン・ドンゴン&「少女時代」ユナ/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
同日、日本のバンド「THE YELLOW MONKEY」はドキュメンタリー『オトトキ』の上映に参加。韓国ではほとんど知名度がないため劇場は満席にならなかったが、メンバーは上映後の観客からの質問に真摯に答え、ボーカルの吉井和哉は、「ぜひ次は韓国でライブをやりたい」と語っていた。また、『ナラタージュ』の有村架純は、アジアの若手俳優へ贈られるアジア・スター・アワードを受賞。『メアリと魔女の花』の杉咲花は、今後アジアでの活躍が期待される俳優に贈られる「marie claire Asia Star Awards」のフェイス・オブ・アジア賞を受賞した

有村架純/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
14日の土曜日には、イベントが目白押し。BIFFステージには、菅田将暉、ヤン・イクチュン、岸善幸監督の『あゝ、荒野』組や、イ・ビョンホン、パク・ヘイル、コ・ス、パク・ヒスンらの『南漢山城』(原題)組らが登壇し、詰めかけたファンの歓声に応えた。2年ぶりに釜山入りした菅田さんは「ヤンさんに日本に来てもらってばかりだったので、韓国に来られてよかったです。また戻って来られるように頑張って面白い映画を作っていきます」と挨拶した。また、『Love Letter』で、韓国では絶大な人気を誇る中山美穂が『蝶の眠り』の記者会見を行った。

中山美穂/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
しかし、15日にはさらなる大物が。なんと文在寅(ムン・ジェイン)大統領のサプライズで登場したのだ。現職の大統領が釜山映画祭に現れたのは初めて。文大統領は『女は冷たい嘘をつく』を鑑賞し、上映後には女優コン・ヒョジンらとQ&Aにも参加し、映画祭を大いに盛り上げた。誘拐事件を通してシングルマザーの生きづらさや、女性を囲む社会問題を描いた女性監督作品を大統領が選んだのは、ベストチョイスだと評判に。昨年まで、パク・クネ前大統領や釜山市政府が、映画祭側に圧力をかけていたのとは正反対で、文大統領は映画人や市民との交流を積極的に行い、市民から熱い声援を浴びていた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領/釜山国際映画祭(C)Ayako Ishizu
映画祭は21日まで。19日には、福山雅治と是枝裕和監督が『三度目の殺人』の舞台挨拶を行う予定だ。
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top