健太郎×山田裕貴、『デメキン』キャスティング秘話が明らかに!「2人の絆の物語にしようと」

映画

『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
  • 『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
お笑い芸人「バッドボーイズ」佐田正樹の半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化『デメキン』。本作のプロデューサー・佐藤現が、主演の健太郎とその相棒を演じる山田裕貴のキャスティング理由や経緯について、シネマカフェに明かした。

>>あらすじ&キャストはこちらから

『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
「ヤングチャンピオン」(秋田書店)にて連載中の人気作を、満を持して実写化する本作。主人公・佐田と相棒・厚成を誰が演じるかは、もちろん重要なポイントだった。佐田は幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていたが、いつしか喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める。その佐田に起用されたのは、映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』やドラマ「アシガール」などで、漫画原作モノを数多く経験してきた健太郎さん。

そして、佐田の小学校からの親友・厚成に起用されたのは、映画『亜人』や『あゝ、荒野』前後篇、『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11月11日公開)など、今年の出演映画は10本超え、いずれも話題作ばかりの山田さんだ。

『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
「いま人気のイケメンは線の細い人が多くて、しかも顔もあっさりめの塩顔男子が多い。でもそれで“デメキン”と言われても違う。それから、実際に佐田さんにお会いして感じる、無邪気さと豪気さ、骨太な感じの両面を持ち合わせていて、男から惚れられる魅力を感じさせる人がほしかった」という佐藤プロデューサー。

誰が主役をやるのか、なかなかピンとこないまま時間が経過したそうで、「そんななか、『14の夜』のオーディションで健太郎くんに会ったんです」と言う。「金田というヤンキー役に選んだんですが、そこに出てもらいつつ、こういう話もあるのですがと話を持ちかけて。『14の夜』で実際にお芝居を見て、すごく魅力的でしたし、骨太な男っぽさもあり、なおかつイケメン」と、ついにピンとくる佐田役を見つけたことを明かす。

『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
また、相棒の厚成役の山田さんについては、「『海賊戦隊ゴーカイジャー』から東映になじみがあって、いろんな作品に出ているので芝居も見ていました。いい役者だなと思っていましたし、健太郎くんとのバランスも考えて、引っ張ってくれそうだなと思ったんです」と語る。

さらに「本来、山田くんは先輩だけれど、正樹と厚成はケンカするほど仲が良いといった密接な関係。山田くんが先輩感を出さずに、うまくその辺の関係を作って健太郎くんをほぐしてくれたんじゃないかなと見受けられました。自分の芝居に対してはすごくストイックで、周りのことを考えてムードメーカーにもなれる。素晴らしくいいやつです」と、手放しで絶賛。

『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
実際の撮影では、「正樹と厚成、2人の絆の物語にしようと。小説でも漫画でも、さまざまな登場人物が出てきますが、群像劇にするより、彼ら2人のバディ感を大事にしていったほうがおもしろくなると思ったんです。あまり散漫にならないように、1対1の関係を軸にしようと考えました」という前提で挑んだことも語る。

そして、関わる誰もが『デメキン』を愛しており、「そのリスペクトをベースにブレない作品を目指していた」とコメントを寄せる佐藤プロデューサー。健太郎さん、山田さんという、いま最強コンビのスクリーンでの躍動が、ますます楽しみになってきた。

『デメキン』は12月2日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top