市村正親主演! “大人たちの青春”を描くロードムービー「最後の同窓会」放送

最新ニュース

平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ「最後の同窓会」
  • 平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ「最後の同窓会」
  • 平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ「最後の同窓会」
  • 平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ「最後の同窓会」
連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本家・岡田惠和が手掛けるスペシャルドラマ「最後の同窓会」が、11月26日(日)に放送されることが決定。市村正親を主演に迎え、60歳の同窓会を舞台に、味わい深い極上のヒューマンコメディーに仕上がっているという。

本作の舞台となる“同窓会”。それは、人生の縮図を垣間見る場であり、そこには人生の悲喜こもごもが存在する…。今回描かれるのは、“60歳”の同窓会。60歳といえば、仕事や家庭にひと区切りがつき、人生をふり返る年齢。そんな節目の年の同窓会に集まったのは、小学生時代同級生だった5人の男女。ところが、「素晴らしい人生だった」と手放しで言うことができるメンバーは誰もいない。「定年退職後の人生に迷った男」「余命宣告を受けた男」「強盗事件を起こして逃走中の男」「鬼嫁に虐げられているマドンナ」「ひとり娘に拒まれている男」――。それぞれ事情を抱えていたのだ。しかし、仲間のひとりが突然死を遂げたことにより、現実を直視した彼らは決意。亡くなった仲間と孫娘の最後の約束を果たすため、“遺体を孫娘のピアノ発表会まで送り届けよう”と…というストーリー。

主演の市村さんが演じるのは、小学校時代は皆のリーダーだったのに、いまは冴えない主人公・高槻功。ミュージカルやドラマ、映画など多彩なフィールドで圧倒的な存在感を放ってきた名優が、本作では等身大の男性を熱演。台本を読んで、まず「いい物語だなぁ」と思ったと言う市村さんは、「どことなく『スタンド・バイ・ミー』の雰囲気が漂っていて、非常にやりがいのある作品だと感じましたね。自分の同窓会とも重なるところが多々あり、深刻な会話を交わす場面では“こういうことってあるよな”“切ないなぁ”としみじみ実感しました」とコメント。

また同窓会のメンバーには、実は強盗事件を起こして逃亡中の米倉正一役を片岡鶴太郎、すい臓がんで余命2年と宣告されている坂田典夫役を角野卓造、心臓に持病があり同窓会の翌朝に突然死してしまう田村実役をでんでん、そして紅一点のマドンナ・花岡真知子役を松坂慶子が演じる。

角野さんは台本を読んだ時点で2~3回泣いてしまったそうだが、「でも撮影現場に来たら、笑ってばかりでしたね。同世代なので、皆、ひざが痛かったり、ほかにも具合が悪いところが同じで…(笑)とにかく撮影がとても楽しかったですね」と話し、片岡さんも「キャストの皆さんとは話も合うのですが、なぜかトイレに行くタイミングまでピッタリ合いました(笑)」とコメント。

実際、毎年少人数で同窓会を開いていると言うでんでんさんは、「台本にものすごくリアリティーを感じました。ドラマをご覧になった皆さんにほろりと泣いていただくことができたら、僕らが表現したかったことが達成できたなと思えるはず。ぜひ多くの皆さんに観ていただきたいですね」と語り、市村さんの大ファンだと言う松坂さんは、「市村さんをはじめ、皆さん本当に素敵な方ばかり。皆さん、“人間力”があるから話題が豊富で、ちょっとした空き時間にお話しを聴くのも面白くて、毎日現場に来るのが楽しみでした」と撮影をふり返った。

市村さんは「5人が車の中にひしめき合う形で撮影しましたが、とても楽しかったですね!」と語っているように、ほぼ同世代が集まった撮影現場は和気あいあい。「皆、同じ時代を生きて来たので、“あれを見た”とか、“これを読んだ”とか、“体のどこが痛い”とか、いちいち話が合うんです(笑)」とも明かしており、まさに“同窓会”状態…!? 遺体を連れてドライブするシーンでは、男性陣が革ジャン&サングラスの“ちょいワル”風の衣装に身を包み、吉田拓郎の名曲「結婚しようよ」を熱唱したり、死体を演じるでんでんさんの手足を片岡さんが歌に合わせて動かすアドリブを披露したりと、切なくも笑える名シーンが誕生しているようだ。

平成29年度文化庁芸術祭参加スペシャルドラマ「最後の同窓会」は11月26日(日)10時~テレビ朝日に放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top