リボンの形のポテトフライ!? NYスタイルのダイナー・カフェ

最新ニュース

リボンの形のポテトフライ!? NYスタイルのダイナー・カフェ
  • リボンの形のポテトフライ!? NYスタイルのダイナー・カフェ

東京の駒沢にある「BrookrnRibbonFries(ブルックリンリボンフライ)」は、「ポテトとジンジャーで世界を平和にする」をモットーにしたアメリカンダイナー・カフェです。この店では、リボンの形をしたフライドポテトや自家製シロップで作るジンジャーエールなどこだわりメニューをいただけます。

異国情緒溢れる空間で味わうこだわり抜いた品々

「BrookrnRibbonFries(ブルックリンリボンフライ)」は、東京の駒沢に位置したブルックリンスタイルのアメリカンダイナー・カフェです。アンティークの家具を中心としている異国感溢れるおしゃれな店内が魅力のお店です。

お店は、ブルックリンに暮らすシェフが考えた「ポテトとジンジャーで世界を平和にする」をモットーとしているクラフトフードブランド。2012年表参道に小さな屋台を構えたことからはじまり2016年には3店舗目をオープンさせています。

溢れる肉汁がたまらない! 「オリジナルバーガー」

見た目だけでおいしさを感じる「オリジナルバーガー」は、食べたときの肉肉しい感じを1番大事にして作られているメニュー。そのため肉汁が溢れるように、焼く時間、パテをこねる力加減や時間を調整するなど、こだわりある調理法をしています。

大きさもそこまで大きくないため、女性の方でも最後までおいしく食べられる魅力の一品です。

らせん状が珍しい! 看板メニューの「リボンフライ」

「リボンフライ」は、お店の人気メニューのひとつ。「BrookrnRibbonFries」で提供するポテトフライは全て厳選された生のジャガイモからひとつひとつ揚げているので格別のおいしさです。

味付けも定番のソルト&ペッパー以外にもオールスパイスやオニオングラタン味など、専門店ならではの豊富なフレーバーが用意されています。なんといっても、らせん状のこの形は、食べているだけで楽しく、SNS映えも抜群です。

新感覚が味わえる! こだわりの「ジンジャエール」

こだわりメニューのひとつ「ジンジャーエール」は、店主が世界中のジンジャーエールを飲み歩いて作った自家製ジンジャーエールシロップを使用。

6種類のスパイスがアクセントになり、今までに飲んだことのない新感覚のクラフトジンジャーエールを堪能できます。他にもジンジャーシロップをミルクや紅茶で割ったメニューもおすすめです。

提供する品で笑顔が増えるようにというお店の想い

ポテトは、老若男女問わず幅ひろい世代に親しまれるメニュー。食べた人の笑顔が思わずはじけるような味を目指しています。また、このコミュニケーションを元に「世界に笑顔をたくさん創りたい」という願いがお店の原点でもあります。

ランチはもちろんディナーも利用可能。友人や女子会、家族やデートになど様々なシーンで楽しめます。

東急田園都市線「駒沢大学駅」から歩いて5分の自由通り沿い、駒沢公園の近くにお店はあります。アメリカ・NY本場の味を堪能したくなったら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

スポット名
Brooklyn Ribbon Fries KOMAZAWA
住所
東京都目黒区東が丘2-14-11
電話番号
03-6413-8185
《編集部@ルトロン》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top