セレブイケメンからブレイク必至女優まで!『ノクターナル・アニマルズ』豪華すぎるキャスト陣

映画

『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
  • 『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが『シングルマン』以来、7年ぶりに監督を務めた最新作『ノクターナル・アニマルズ』。主演のエイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホールという実力派2人の脇を固めるのは、なんとも華やかな実力派俳優たち。あのセレブイケメンから、ブレイク必至の最強ドールフェイス英女優、いま話題の人気海外ドラマに出演する若手俳優まで、この秋一番の極上ミステリー映画を彩る俳優陣に注目した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

ある夫婦の愛と残酷さ、復讐と償いのきわどい境界線で揺れ動く心をミステリアスに描き出した本作。第73回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞をはじめ、各国で高い評価を得ており、賞レースを賑わせた実力派から若手まで、キャストも豪華な顔ぶれが揃っている。

ファッション界、映画界からのラブコール殺到!
最強ドールフェイスの英女優エリー・バンバー


『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
劇中小説のなかで、トニー(ジェイク・ギレンホール)の娘インディア役としてテキサスのティーンエイジャーを演じているのが、エリー・バンバー。1997年イギリス生まれ。12歳から舞台で活躍し始め、本格的な映画デビューは『高慢と偏見とゾンビ』。その後、トム・フォード監督の目にとまり、長編映画出演2作目にして本作に抜擢された。

透き通るような白い肌にドールフェイスの持ち主のエリーは、女優業にとどまらず、「シャネル(CHANEL)」のコレクションにゲストモデルとして出演するなどファッション界からも人気が高く、トム・フォードやカール・ラガーフェルドからの信頼も厚い。また、カナダの人気歌手ショーン・メンデスの最新曲「There's Nothing Holdin' Me Back」のPVにも出演。待機作に、バレエ作品「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化する『The Nutcracker and the Four Realms』(原題/ラッセ・ハルストレム監督)などがあり、ファッション界、映画界ともにオファーが殺到中の、いま最も注目すべき若手女優なのだ。


『キック・アス』のヘタレ男子から一転!
アーロン・テイラー=ジョンソンの“サイコパス演技”が怖すぎ


『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
同じく劇中小説内で、奇怪な言動で主人公の心をかき乱していくレイ役を演じるアーロンは、その鬼気迫る怪演ぶりが話題に。初の”悪役”を演じるにあたり、実在した連続殺人犯や死刑囚を参考に役作りに挑んだそうで、自身初の映画賞となるゴールデン・グローブ賞助演男優賞に輝いたほか、英国アカデミー賞ノミネートなど高く評価された。

1990年イギリス生まれ。10代のジョン・レノンの葛藤を描いた『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』で主人公を演じて話題となり、その後、同作の監督サム・テイラー=ジョンソンと23歳の年の差婚。現在27歳にして4児の父である。アーロンを世界的に一躍有名にした『キック・アス』シリーズでは、ヘタレ男子の主人公を熱演したほか、『GODZILLA ゴジラ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』と次々と話題の大作に出演している。

ハリウッド注目のセレブ御曹司!
長身イケメン俳優アーミー・ハマーも


『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
スーザン(エイミー・アダムス)の現・夫役を演じているアーミー・ハマー。早くも「アーミー・ハマーのこんな贅沢な使い方はトム・フォードにしかできない!」との声が多く上がっている。

1986年カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。完璧な目鼻立ちに、194cmの身長と抜群のプロポーションを持つアーミーは、父は複数の会社を経営する社長、曾祖父は石油王のアーマンド・ハマーという大富豪御曹司。「ゴシップガール」「デスパレードな妻たち」などのTVシリーズに出演して人気を博し、『ソーシャル・ネットワーク』で双子のウィンクルボス兄弟を一人二役で演じて注目を集めた。以降、『J・エドガー』『コードネームU.N.C.L.E.』『フリー・ファイヤー』など、出演作が後を絶たない。

“渋カッコいい”表情がたまらない!
マイケル・シャノンはテキサスの刑事役に


『ノクターナル・アニマルズ』(C)Universal Pictures
アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、テキサスの刑事役の「“渋カッコいい”演技が最高!」といわれているシャノン。1974年ケンタッキー州生まれ。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』でアカデミー賞にノミネート、『テイク・シェルター』『ドリームホーム 99%を操る男たち』などが評価され、後者ではゴールデン・グローブ賞ほか数々の賞にノミネートされた。『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の悪役ゾッド将軍としても知られる。

待機作に、エルヴィス・プレスリーを演じた『Elvis&Nixon』(原題)、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたギレルモ・デル・トロ監督作『The Shape of Water』(原題)など。また、ロバート・デ・ニーロ主演のTVドラマへの共演が決定しており、これは超人気大作ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の町」以来のTVシリーズへのカムバックとなる。

あの人気海外ドラマや話題作で活躍する俳優たちが続々!


1話の製作費用が約1,000万ドル(約11億円)とも言われる、話題の大人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に、ネッド・スターク(ショーン・ビーン)の青年時代役で出演しているロバート・アラマヨも登場。

また、若者たちの情熱的な愛を大胆な性描写を交えながら3D映像で描いた『LOVE 3D』の主人公マーフィー役や、『ネオン・デーモン』でエル・ファニング演じるジェシーに思いを寄せるアマチュア・カメラマン役を演じるなど、話題作への出演が続くハリウッド注目のカール・グルスマン。

大ヒット作『ハンガーゲーム』シリーズのジョアンナ役や、『ネオン・デーモン』で謎めいたメイクアップアーティスト・ルビー役を演じたジェナ・マローン。「マスターズ・オブ・セックス」で“性科学”の先駆者となったウィリアム・マスターズ博士役を演じたマイケル・シーン。ヴァンパイアドラマ「トゥルーブラッド」で熟女ヴァンパイアのパム役や、現代版おとぎ話の大人気ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」でマレフィセント役を演じるクリスティン・バウアー・ヴァン・ストラテンも。

『ラブ・アクチュアリー』や『ハドソン川の奇跡』のほか、ドラマ「キャシーのbig C いま私にできること」の主人公キャシー役を演じたローラ・リニーは、エイミーと10歳しか年齢が変わらないが、本作ではエイミー演じる主人公スーザンの保守的な母親役を演じている。

ファッション界、映画界、TVドラマ界でマルチに活躍する豪華実力派俳優らが脇を固める本作は、映画ファンはもちろんのこと、海外ドラマファンにとっても、この秋一番の見逃せない作品といえそうだ。

『ノクターナル・アニマルズ』は11月3日(金・祝)、TOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top