天海祐希&ケイト・ブランシェット、日米2大女優が「ひざまずけ!」字幕&吹替映像到着

映画

『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 天海祐希/『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
10月10日(現地時間)、米ロサンゼルスで行われたワールドプレミア上映に、日本から“死の女神”ヘラの日本語吹き替えを務める天海祐希が参加し、オスカー女優ケイト・ブランシェットとの2ショットも披露された『マイティ・ソー バトルロイヤル』。この度、マーベル映画初の女性ヴィランとなるヘラの初登場シーンが解禁! ケイトによる字幕版に加え、天海さんによる吹き替え版映像も一挙にお披露目された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

米映画評論サイト「Rotten Tomatoes」では高評価99%(10月26日現在)という数字をたたき出しており、ワールドプレミアの感想では「マーベル映画の中で、一番面白くて楽しい映画になっている」「この映画を見たら、絶対にソーが、アベンジャーズで一番人気になる!」といった、興奮と絶賛の声が多く寄せられている。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(C)Marvel Studios 2017  
日本での注目度も上昇中で、先日10月19日(木)には、公開を待ちきれないマーベルファンに向けた日本最速試写会も実施され「改めてソーが好きになった! あと3回は観たい!」「マーベル初心者の私でも最高に楽しめた!」「俄然、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』への期待が高まった!」といった大興奮の声が上がっている。

そんな本作で、マーベル・スタジオ作品初参戦となるオスカー女優ケイトは、役作りも入念に行ったようで「コミックブックはもちろん読んだわ。私はどんな役であれ、ビジュアルからインスピレーションを受けるの。私はいつも、ほかとは違うことに惹かれる傾向があるけれど、イラストレーターたちは、様々なキャラクターをいろいろな異なる形で描いているわ」と明かす。「ヘラにも幾つかのバージョンがあって、中にはあまり服を身にまとっていないものもあったわね(笑)。あれはかなり雑誌の『プレイボーイ』寄りのデザインだったわ。私たちはそっちの方向には進まなかったけれど」とコメント。

また、原作コミックのファンも多いだけに、ケイトもファンの反応は気になっていた様子。「私はファンのリサーチもしているの。なぜなら、このキャラクターに対するファンの期待や想像を知っておきたかったからよ。YouTubeには若い女の子がヘラのメイクをするメイクアップ講座もたくさんあがっていたわ」と言う。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(C)Marvel Studios 2017  
「そこで、この作品のメイク担当と私は、特殊効果の人たちと一緒に、『こういったものを少し利用してみたらどうかしら』と話し合ったの。そもそもヘラが描かれたオリジナルのデッサンには、それが一切組み込まれていなかったから、それだけに、ああいうものが私にはとても役立ったわ。ヘラの見た目の公式版的なものだけでなく、ファンが描いたイラストだったり、仮装で彼女に扮した人々だったり、そういうものをいろいろと見ていくと、それらすべての中に共通する特徴が見えてくるのよ」と語り、人気キャラクターの実写化のために役作りの視野を広げ、クオリティ面で妥協しない、ケイトの女優としての情熱を垣間見せている。

そして、ケイト演じる“死の女神”ヘラの声を吹き込むのは、天海さんだ。声優を務めることが発表された際には、マーベルファンから「全面的に支持する!」「雰囲気ぴったり」といった声が上がったほか、ワールドプレミアでは本家ヘラであるケイトから「きっとぴったりな、はまり役でしょうね。ルックスまでヘラそのものね!」と太鼓判を押された天海さん。貫録たっぷりの迫真の声の演技を披露する。吹き替え版を演じるにあたり、ケイトの低音で流れるような英語の印象を意識したというだけあり、期待に違わない圧巻の仕上がりとなっている。

天海祐希/『マイティ・ソー バトルロイヤル』  -(C)Marvel Studios 2017
ソー(クリス・ヘムズワース/三宅健太)やロキ(トム・ヒドルストン/平川大輔)に「ひざまずけ!」と命じる場面は、字幕版も吹き替え版も、思わず背筋が凍るほどの迫力。その妖しげな美しさとともに、チェックしてみて。


『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top