『はじまりの街』新星美形俳優アンドレア・ピットリーノの憧れの人は!?

映画

『はじまりの街』
  • 『はじまりの街』
  • 『はじまりの街』
  • 『はじまりの街』
  • 『はじまりの街』
  • 『はじまりの街』
  • 『はじまりの街』
北イタリアの美しい街トリノを舞台にした『はじまりの街』。本作の大きな魅力は、13歳の息子ヴァレリオを演じたアンドレア・ピットリーノのみずみずしい存在感。友だちもいない見知らぬ街で、健気に母を気遣いながら、孤独に過ごす思春期の多感な心情を体現している。このほど、撮影時より声変わりをして、ちょっぴり大人びたアンドレアのインタビュー映像が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

『自転車泥棒』『ライフ・イズ・ビューティフル』など、イタリアの人情ドラマの伝統を受け継ぐ本作は、夫のDVから逃れた女性アンナとその13歳の息子が、見知らぬ街で新しい街を築くために奮闘し、未来へと歩み進んでいくストーリー。世界の片隅で新たな一歩を踏み出す1組の親子が、彼らを温かく見守る人たちとのつながりのなかで再生していく様を描き出し、人生の可能性を謳い上げる。

これまで、数多くの美形俳優を多く生み出してきたイタリア。本作で、淡い初恋に傷心し、我慢していた苛立ちの感情を爆発させてしまう心の嵐を経て未来への確かな1歩を踏み出す、アンナの1人息子ヴァレリオを演じているのがアンドレアだ。深い湖のような美しい瞳と世界を変えてしまうかのような笑顔に、観客はぐっと心をつかまれてしまう。

監督のイヴァーノ・デ・マッテオは、ヴァレリオ役のオーディションで70~80人ほどの子役に会ったが、最初に会ったアンドレアの印象的な瞳が決定打となり、配役を決定したという。

9歳のころから、イタリアの国民的TVドラマ「マッテオ神父の事件簿」などで子役として活躍を続けてきたアンドレアは、本作の撮影時は役柄と同じ13歳。現在は15歳となり、今回のインタビュー映像では声変わりをして、少し大人っぽくなった雰囲気が漂うが、真摯に質問に答える姿がとても印象的。


なんと2015年にプライベートで来日し、東京、京都、大阪を訪れていたというアンドレア。本作でマルゲリータ・ブイ、ヴァレリア・ゴリーノという二大女優と共演したことで自然と自身の演技もよくなったことや、橋の欄干でワイヤーをつけて撮影に臨んだエピソードを披露する。

また、憧れのスターは、『アパッショナート』『ピノッキオ』『家の鍵』などで知られるイタリアの美形俳優キム・ロッシ・スチュアートと、オスカー俳優ダニエル・デイ=ルイスと応えるなど、15歳とは思えない一面も見せ、最後には映画の中でも見せていた笑顔で「コンニチハ」と日本の観客にメッセージを贈っている。

『はじまりの街』は岩波ホールほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top