井浦新&瑛太の演技力が光る! 25年ぶりの再会、だが…『光』

映画

『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会 
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会 
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
  • 『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
三浦しをんの小説を、『さよなら渓谷』『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督がメガホンをとり、井浦新を主演に迎え映画化した『光』。この度、井浦さん演じる主人公と瑛太演じる輔が、25年ぶりに再会を果たすシーンを収めた本編映像が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

到着した映像は、かつて殺人を犯した過去を、津波に襲われた島とともに捨て去り、市役所で働きながら妻子と平穏に暮らす信之と、父親に暴力をふるわれ愛情を知らずに育ち、信之と同様に島から生き残った輔、バラバラに暮らしていた2人が25年ぶりに再会するシーン。


信之に固執し探し続けていた輔は、新聞を読み漁り偶然信之の名前を見つけた。職場である市役所で信之を待ち、後を付け、妻子がいることを知る。そして、信之に固執し気を引きたい一心で、信之の妻・南海子(橋本マナミ)に近づき、欲求不満の南海子と不倫。自分が住む粗末なアパートの一室で南海子と情事にふけっていた。

そして電話を受け、輔の職場である工場を訪れる信之がついに25年ぶりに再会。だがそこには“感動”は微塵も存在しない。南海子との肉体関係をネタに、信之へ金銭を要求する一方で、慕っていた信之とようやく再会できた喜びも噛み締める輔。しかし過去を捨て去った信之は、輔との再会にも一切感情を乱すことなく、冷酷な立ちふる舞いで不気味に輔の脅しをかわす。25年ぶりの再会を果たした両者の複雑な心情と狂気が濃縮され、井浦さんと瑛太さんの演技力が光るシーンとなっている。

『光』は11月25日(土)より新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top