梶裕貴の“女装メイド”に宮野真守も「とにかく可愛い!!」『はいからさんが通る』

映画

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
  • 『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
大正浪漫少女漫画の金字塔「はいからさんが通る」を、装いを新たに新作劇場アニメーションとして前後編で復活させる『劇場版 はいからさんが通る』。本作には早見沙織や宮野真守をはじめ豪華声優陣が参加することでも話題となっているが、この度、主人公・紅緒の幼なじみを演じる梶裕貴の演技について2人が絶賛するコメントが届いた。

>>あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した場面写真は、早見さん演じる紅緒に想いを寄せる蘭丸(梶さん)が、紅緒の許婚である少尉・伊集院忍(宮野さん)の住む西洋豪邸へと花嫁修業へ行ってしまった紅緒に会うため、”女装メイド・蘭子”となり、伊集院家に侵入するシーン。歌舞伎の女形役者として活躍し、紅緒より1歳下の幼なじみの蘭丸。紅緒に会うため、女性顔負けの美貌を活かして女装、メイド蘭子として伊集院家に侵入することに成功し、紅緒との再会に成功! が、慣れないメイド生活にトラブルも続出!? 伊集院家に大騒ぎの日々が訪れ…。

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
今作のアフレコをふり返り、「キャストみんなと話し合いながら、一丸となって作品を作り上げていけて、楽しくアフレコができました」と語る早見さん。中でも宮野さんは「原作を読んで、どうなるのか楽しみだったのが蘭丸です。梶くんの演技は最高でした!」「蘭丸のインパクトがすごいです!(笑)蘭丸と蘭子がとにかく可愛い!!」と梶さんの演技を絶賛。また早見さんも「蘭丸と蘭子はとんでもない!(笑)紅緒の台詞の後に蘭子の台詞があるシーンで『自分の声よりも女性の声で喋ってる!』って(笑)女子よりも女子の声になっていました」と明かす。さらに宮野さんは、「蘭丸の最初の方の台詞で、『もう~嫌っ!』て台詞があるんですけど、それが超絶に可愛くて! 現場でちょっと流行りましたね(笑)」とアフレコでの様子を語っている。

一方、完成した映画を観た梶さんは、「兎にも角にも…紅緒さんが可愛らしく、少尉が格好良かったです! 原作の時点ですでに魅力的なキャラクターたちではありますが、早見さんと宮野さんのお芝居によって、より生き生きとフィルムの中で輝いているように感じました」と感想を述べる。

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
自身の役については、「蘭丸としましては…凛々しくも可憐な彼が、とある事情により普段以上に可愛いらしく変身するシーンがあるので、そこが見どころのひとつなのかな、と思っています(笑)」とアピール。さらに「竹内まりやさん作詞・作曲、紅緒役の早見沙織さんが歌う主題歌『夢の果てまで』も必聴です。最後の最後までご堪能ください!」メッセージを寄せている。

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』は11月11日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top