知英、1人7役で連ドラ初主演!エミー賞受賞ドラマ「オーファン・ブラック」をリメイク

最新ニュース

「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」
  • 「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」
  • 知英/撮影:井上ユミコ
女優、そして歌手JYとして活躍する知英が、世界中で大ヒット中の英国BBCドラマを日本でリメイクする「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」に主演。シングルマザーから大学院生、暗殺者まで、英語・韓国語・日本語の方言など、さまざまな言葉と人格を操り1人7役に挑戦することになった。

スリリングな展開で、観る者を圧倒する新感覚サスペンスドラマ「オーファン・ブラック」。カナダを皮切りに世界各国で放送され、たちまち大ヒットとなり、主演を務めたタチアナ・マズラニーが第68回エミー賞ドラマ部門の主演女優賞に輝くなど、ハリウッドで各賞レースを席巻。アメリカおよびイギリスでシーズン5まで放送され、世界中に熱狂的ファンを抱える大人気ドラマを、今回、日本版としてオフィシャルリメイクする。

■あらすじ


貧困、社会の無理解、ネグレクト疑惑。負のスパイラルに陥っている元孤児のシングルマザー・青山沙羅は、娘・萌絵と離れ離れの生活を余儀なくされている。まとまったお金さえ手に入れば、人生をやり直せるのに…。

そんなある日、沙羅は電車の飛び込み自殺を目の当たりにする。自殺した女は何故か自分と同じ顔をしていた。呆然とする沙羅の前に、女のカバンが。ほんの出来心だった。だが女のカバンを持ち去ったことで沙羅の人生は、予測不可能な方向に転がり始める――。

沙羅の前に、次々と現れる自分と全く同じ顔をした別人!! 目の前で起きる殺人事件! 行きがかり上、刑事になりすますことにもなり…。やがて、告げられる衝撃の真実。人は生まれなのか、育ちなのか、愛はいつ芽生えるのか?

■1人7役の知英、「共演者がほぼ自分…」


孤独を抱えたシングルマザー・青山沙羅を演じるのは、知英さん。施設育ちで9歳のとき、弟的な存在だった薫とともに里親に引き取られ養子に。だが、養親の冴子とは性格があわず中学卒業と同時に家出。様々な職を転々として生きてきた。現在は、昼は工場で働き、夜はキャバクラで働くが、ある日、仕事のせいで娘の萌絵が病気になり、萌絵を冴子に奪われてしまう。お金さえあれば、萌絵と一緒に生活でき、幸せにすることができると思っているが…。

一方、彼女が目撃する自殺を遂げる神奈川県警の刑事・椎名真緒子を演じるのも知英さんだ。沙羅と同じ顔をしており、なりゆきで沙羅は真緒子になりすますことに。1か月前に強盗事件の重要参考人を銃で死なせてしまう事案を起こしていた真緒子。そのことで精神的に追い詰められたというが…。

今回の連ドラ初主演に「喜びよりも本当に私でいいの!? という驚きでした」と知英さん。「BBC版『オーファン・ブラック』はストーリーの展開が早く、内容も衝撃的で、中毒性があり私もドキドキしながら観ていました。その作品を自分が主演でやることも信じられないですし、プレッシャーしかないですが、とにかくやるしかないという心境です」と語る。

「共演者がほぼ自分というのも初めてなので、どうなっていくのか自分でもまだわかりませんが、7役を一気にやるということは女優人生でもなかなかないことですし、今後の糧になると思います。もちろん等身大の大学院生もありますが、刑事だったり、シングルマザーだったり、暗殺者だったりと役の振り幅がかなり大きいので、この撮影期間中、自分自身の人格も分からなくなりそうです」とコメント、「まずは7人のキャラクターを自分の中で作りこみ頑張りたい」と明かす。

プロデューサーの松本圭右氏は、「女優、アーティストなどいくつもの顔を持つ知英さんならきっとアメリカ版を超えてくれるに違いない! と若干のむちゃブリをしつつ(笑)、現場で作り上げられていく日本版『オーファン・ブラック』を私自身、楽しみながらお届けしたいと思います」と意気込んでいる。

「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」は12月2日(土)~2018年1月27日(土)まで毎週土曜日23時40分~東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送予定(全8話)。 
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top