夏帆&染谷将太&東出昌大、現場ではマイペース「各々で過ごしてた」

最新ニュース

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 東出昌大/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 夏帆/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 染谷将太/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 夏帆/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 染谷将太/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 東出昌大/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
  • 黒沢清監督/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
映画『予兆 散歩する侵略者 劇場版』が11月11日(土)に公開を迎え、主演の夏帆をはじめ、染谷将太、東出昌大、黒沢清監督がそろって舞台挨拶に登壇した。

すでに公開された映画『散歩する侵略者』のスピンオフとして製作されWOWOWで連続ドラマとして放送され、反響の大きさから劇場版として公開されることになった本作。概念を奪う宇宙人によって憔悴していく夫を守るべく、宇宙人に立ち向かうヒロインの姿を描き出す。

夏帆/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶ヒロイン悦子を好演する夏帆
戦う強いヒロイン・悦子を体現した夏帆さん。「黒沢さんからは『悦子の強さを意識し』とたびたび言われました。真壁(東出さん)と対峙したり、おびえたり、恐怖心が出るシーンも多くあったけど、その中でも強さは意識していました」とふり返る。

黒沢監督は、映画版に続き、本作でも“強い”ヒロイン像を描いている点について「特に意識はしてませんが、女性のほうが強いってのは常識で、疑問のないこと」と説明。弱い(?)夫を演じた染谷さんは「本を読んで、“男らしい弱さ”を感じました。逆に男らしいなって思えましたね(笑)。弱いのに『俺は大丈夫だよ』っていきがっちゃうところとか…。(同じ状況で)自分も普通にそうなるなって思えてやれました」と納得の表情だった。

染谷将太/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶『予兆』初日舞台挨拶に登壇した染谷将太
また、3人の現場での関係に話が及ぶと、夏帆さんは東出さんとの会話が「なかったですね…なんでだろう?」と思案顔。東出さんは「3人ともマイペースなんだと思います」と指摘し、染谷さんも「各々で過ごしてましたね」と述懐。「仲は良いんですけど…」と釈明しつつ「僕は現場をウロウロしてました」という東出さん、「ずっとコーヒーを飲んでた」という染谷さん、そして「座ってました」という夏帆さん、それぞれマイペースぶりを明かす。

また、映画のキャッチにもなっている「もうすぐ世界が終わるとしたらどうする?」という問いかけに夏帆さんは「どうしますかね…。いままでできないことするのもなんだし。行に走るわけにもいかないので、ごく普通に過ごします」と語り、染谷さんは「どうしようもないけど、希望を持って過ごします。終わらないかもしれないし、終わってみないとわからないという希望を持ちつつ」と回答。東出さんは「何してんだろ…? と持ってるうちに終わっちゃう気がします。『何かしなきゃ!』ってだいたいそんな毎日です」とここでも三者三様、マイペースに語り、会場は笑いに包まれていた。

東出昌大/『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶「仲は良いけど…」と話す東出昌大
そんな何ともゆるい3人だが、黒沢監督は現場での俳優としての素晴らしさを熱弁! 「ほぼこの3人だけで2時間以上の長さを…。すごくないですか? この3人の俳優! 日本映画は、俳優のすごさで持っているんだとつくづく感じました。映画は、すごい俳優が3人いれば出来上がってしまうと実感した作品です。久しぶりに、ただ面白い映画を作ろうとシンプルな意図で作りました。素晴らしい原作、面白い脚本があり、スタッフも最大の力を発揮してくれたと思います。見終わって、何て言ったらいいんだろう? という思いになると思いますが『俳優とにかくすごい!』と伝えていただければ価値は伝わると思います」と3人を称賛し、会場は温かい拍手に包まれた。

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶
『予兆 散歩する侵略者 劇場版』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top