“仮面ライダー”松本享恭が不良に!? 闇金映画で新境地『闇金ぐれんたい』

映画

『つぐない~新宿ゴールデン街の女~』『ろんぐ・ぐっどばい~探偵・古井栗之助~』、『苦役列車』(脚本)の鬼才・いまおかしんじ監督が、“闇金映画”に初挑戦した『闇金ぐれんたい』が2018年1月20日(土)より公開決定。今作が映画初主演となる松本享恭を迎え、闇金業者役に挑戦する。

■ストーリー


東北から上京した正次(松本さん)は、やることもなくふらついているところで、ひょんなことから大輔(細田善彦)と出会う。大輔と意気投合し、手っ取り早く金儲けを企んだ2人は、ヤクザの傘下に入り違法な利息で金を貸し付ける闇金稼業を営むことになった。債務者に容赦なく追い込みをかける正次と、気が弱く非常になり切れない大輔。2人の性格は正反対だったが、なぜかウマが合い、闇金稼業も順調であった。

そんなある日、正次は親分格にあたる組長・成松(川瀬陽太)からヤクザに勧誘される。一方の大輔は、恋人・舞香(仁科あい)の借金が発覚し、成松の組の金を持って舞香と行方をくらましてしまう…。

本作は、闇金業界に蠢く非情で救いのない人間模様を、いまおか監督ならではの視点で大胆に切り込み描いた傑作バディムービー。

■主演は映画初主演の仮面ライダー俳優・松本享恭! 相棒役は細田善彦


主演の松本さんが演じるのは、闇金稼業を営むことになった正次役。松本さんは、2015年「ウルトラマンX」で注目を浴び、2016年から「仮面ライダーエクゼイド」にて花家大我/仮面ライダースナイプ役として初の変身ヒーローを演じ大ブレイク。今回は、“ヒーロー”から“不良”へと大きく役を変え、新境地に挑む。

また正次の相棒・大輔役には、大河ドラマ「真田丸」や、大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、現在放送中の月9「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」などに出演する細田善彦。

そのほか、ヒロイン・舞香を来年公開予定の『菊とギロチン』に出演する仁科あい、名バイプレイヤーの川瀬陽太、諏訪太朗らが脇を固める。

■主演&監督からコメント到着


松本さんは、「自分自身もとにかく本気で楽しんだ作品でした。どんなシーンの中でもそれを感じながら演じてました」と撮影をふり返り、「観た後に”あいつら何か楽しそうだったな”とか”バカなことを思いっきりやってるな”と少しでも心に残る作品になって貰えたら嬉しいです。本気で楽しんで、生きた正次と大輔の青春を見て下さい!」とコメント。いまおか監督は、「松本くんがカッコ良くて背中がゾクゾクした。傑作なんで見て下さい」と松本さんの演技に太鼓判を押している。

『闇金ぐれんたい』は2018年1月20日(土)より渋谷ユーロスペースにてレイトロードショー、全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top