亀梨和也、初の復讐劇に「楽しみでワクワク」!橋本環奈&林遣都ら共演で1月期ドラマ

最新ニュース

「FINAL CUT」
  • 「FINAL CUT」
  • 藤木直人
  • 橋本環奈
  • 林遣都
  • 杉本哲太
  • 佐々木蔵之介
亀梨和也が、2018年1月スタートのカンテレ・フジテレビ系新火曜21時ドラマ「FINAL CUT」で主演を務めることが決定。本作は、亀梨さんにとって2006年の「サプリ」以来11年半ぶりのフジテレビ系連続ドラマ主演作、単独では同系初主演となる。

本作は、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」「サプリ」「がんばっていきまっしょい」などを手掛ける金子ありさ脚本のオリジナル。殺人事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男の“復讐”を描く物語だ。

■ストーリー


主演の亀梨さんが演じるのは、高校生の頃にある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ中村慶介。それから12年の時を経た現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため動き始める。

慶介の復讐の矛先が向けられるのは、当時、事件の取材・放送に関わっていたスタッフ、司会者、そして事件の真相の鍵を握る美人姉妹。慶介は自らの素性を隠してターゲットに近づき、公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけることで、彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。一方で、そんな慶介の動向を鋭く見つめる、当時事件を担当した警察関係者も登場。さらに、ターゲットとなる姉妹に対し、それぞれ別人を装って近づく中で、慶介は1人を深く愛し始めてしまう…。

■亀梨さん演じるキャラクターは「非常に手ごわい」


亀梨さんにとって初の復讐劇となる今作。「単純な悪者退治ではないストーリーで、いまの時代だからこその新しい復讐劇だと思いました。それでいて、スカッと楽しめるエンターテインメント作品です」と台本を読んだ印象を語り、「慶介は何を思って生きているのかが掴みにくい人物なので、非常に手ごわいキャラクターですね。怒りや悔しさだけではなく、様々な感情を秘めた慶介の本質が、ターゲットを追い詰めるときに透けて見えるように演じていきたいです」と役柄についてコメント。

さらに、今回はフランス発祥のスポーツ“パルクール”にも挑戦。亀梨さんは「本当に大変ですね(笑)僕もドラマ好きなのでアクロバチックなシーンが出てくるとうれしいし、すごくキャッチーなシーンになると思います。初挑戦ですが、頑張ります!」と意気込み。「僕自身、全く新しい環境で連続ドラマを作らせてもらえることや、復讐という自分にとって未知のゾーンに挑戦できることはすごく楽しみで、ワクワクしています。1月からの皆さんのお時間の中で、自分たちがしっかりと存在できたら素敵だなと思います。ぜひ、ご期待ください!」と視聴者へメッセージを寄せた。

■共演には、藤木直人、橋本環奈、林遣都、佐々木蔵之介ら豪華俳優陣が決定!


そして亀梨さんのほかにも、豪華俳優陣が決定! 洗練された振る舞いと舌鋒鋭いコメント、知的と下世話の絶妙なバランスで、お茶の間から愛される番組司会者・百々瀬塁を藤木直人。番組作りに妥協を許さず、狂気をもはらんだ底知れぬ魅力を持ち、慶介の復讐に立ちはだかる役どころだ。また、百々瀬が司会を務め、12年前の事件を取り扱った番組スタッフとして、プロデューサー・井出正弥を杉本哲太、ディレクター・真崎久美子を水野美紀、若手ディレクターの小池悠人を林遣都、カメラマン・皆川義和をお笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろう。さらに、事件の真相の鍵を握る美人姉妹の妹・小河原若葉を橋本環奈。慶介の幼なじみ・野田大地役として、「Hey! Say! JUMP」の高木雄也。12年前の事件の担当刑事、警視庁新宿中央署の副署長・高田清一郎を佐々木蔵之介が演じる。

なお、美人姉妹のもう1人を演じるキャストは、後日発表となっている。

「FINAL CUT」は2018年1月より毎週火曜日21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top