岡田将生、自分の笑い方に「気持ち悪くてショック」と落ち込む

最新ニュース

俳優の堤真一と岡田将生が30日(木)、都内でWOWOW「連続ドラマW 名刺ゲーム」の第1話完成披露試写会に原作者の鈴木おさむと参加した。

ドラマは娘を人質にとられた人気クイズバラエティー番組のプロデューサー・神田達也(堤さん)が、自分がもらった名刺をその持ち主に正しく返す“名刺ゲーム”に挑む姿を描く。

テレビ業界の闇を描いた内容に岡田さんが「バラエティーの世界って怖いと思った。毎週気に入って見ているバラエティー番組があるけれど、裏側ってそうなのかもと思うとみる気が…」とビビってしまい、すかさず鈴木さんから「フィクション! フィクション!」とフォローが入る一幕があった。

岡田さんは堤さんを監禁する謎の男役で「こういう役は面白くて、フルパワーでやりました」と気合をみなぎらせるも「僕ってこんな笑い方をするんだと思うくらい、気持ち悪くてショックだった。今後笑うのはやめようと思うくらい、引いちゃいました」と苦笑い。演じた謎の男の正体は物語のキーになるだけに「なんか一個喋るとネタバレになりそうで…今日はあまり喋りません…それだけ謎なんです」とやりづらそうだった。

一方、檻の中に監禁される側の堤さんは「セリフが言い返すようなリアクションなので凄く嫌だった。しかも娘の前でああだこうだと言われる役ですから。娘のいる状況というのはきつかった」と自身も娘を持つ父親だけに役柄の状況に同情。それでも撮影終盤では檻の中にも慣れたようで、岡田さんからは「家か!? というくらいくつろぎだした。居心地もよさそうでした」と暴露されていた。

WOWOW「連続ドラマW 名刺ゲーム」は、12月2日(土)22時より放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top