ようこそマッツ・ミケルセン!来日に沸く“北欧の至宝”の歩みをプレイバック

最新ニュース

マッツ・ミケルセン-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセン-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセン-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセン-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセンほか『シャネル&ストラヴィンスキー』キャスト&スタッフ-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセン&ニコラス・ウィンディング・レフン監督-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセンほか『キング・アーサー』キャスト&スタッフ-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセン-(C)Getty Images
  • マッツ・ミケルセンほか『007 カジノ・ロワイヤル』キャスト-(C)Getty Images
12月1日(金)から3日(日)まで、幕張メッセで開催される「東京コミックコンベンション2017」のゲストで来日したマッツ・ミケルセン。海外ドラマ「ハンニバル」をはじめ、日本でも絶大な人気を誇る「北欧の至宝」の魅力に迫る。

いまや“世界的至宝”マッツ・ミケルセン、華麗なアクションの秘密は子ども時代に…


いまや“北欧”に留まらない世界的至宝というべきマッツ。1965年11月22日、デンマークのコペンハーゲン生まれで、先日52歳の誕生日を迎えたばかり。ちなみに1歳上の兄・ラース・ミケルセンも人気シリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のロシア大統領役で知られる俳優だ。銀行員の父と看護師の母の間に生まれたマッツは、小さな頃から体を動かすのが大好きで、体操選手やバレエダンサーを経験。アクション演技で見せる動きの美しさはダンスの素養に寄るところ大だ。

バレエダンサーとして活躍しながら、次第に身体のみの表現ではなく、台詞も駆使する演技への興味が湧き、国立演劇学校へ入学する。そのときすでに30歳。かなり遅いスタートだが、そこからは早かった。1996年にコペンハーゲンの麻薬密売人が主役の犯罪映画『プッシャー』で映画デビュー。これは『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督のデビュー作。それまでのデンマーク映画になかった新しいスタイルを築き、2人はその後も『プッシャー2』や『ヴァルハラ・ライジング』などで組んだ。

マッツ・ミケルセン&ニコラス・ウィンディング・レフン監督-(C)Getty Imagesマッツ・ミケルセン&ニコラス・ウィンディング・レフン監督

ハリウッドへ進出!破竹の勢いをプレイバック


シリアスなドラマからコメディ、アクションと幅広いジャンルで活躍した後、2004年には『キング・アーサー』でハリウッドに進出。その2年後、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた第1作『007 カジノ・ロワイヤル』のル・シッフルに抜擢され、悪役ながらその冷酷さがセクシー、と注目を浴びてブレイクした。

マッツ・ミケルセンほか『007 カジノ・ロワイヤル』キャスト-(C)Getty Imagesマッツ・ミケルセンほか『007 カジノ・ロワイヤル』キャスト
その後も『タイタンの戦い』『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』などハリウッド映画に出演しつつ、スサンネ・ビア監督の『アフター・ウェディング』に主演、フランス映画『シャネル&ストラヴィンスキー』のストラヴィンスキー役、アリシア・ヴィキャンデルと共演した『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』などヨーロッパ映画にも精力的に出演し続けたマッツは2012年、母国でトマス・ヴィンターベア監督の『偽りなき者』に主演。身に覚えのない疑いをかけられ、小さなコミュニティで孤立した普通の男性を演じ、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した。

マッツ・ミケルセン-(C)Getty Imagesカンヌ国際映画祭男優賞を受賞
国際的な名優という地位を確立したマッツだが、さらに世界中で大ブレイクしたのは2013年から始まったTVシリーズ「ハンニバル」で主演を務めたのがきっかけ。猟奇殺人と美食を結びつける殺人鬼ハンニバル・レクターを退廃的に演じ、瞬く間に人気に火がついた。同時に映画も、マーベル・シネマティック・ユニバースの『ドクター・ストレンジ』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』といった超大作に起用されるように。2019年公開でトム・ホランドとデイジー・リドリー主演作『Chaos Walking』(原題)の撮影も終わったばかりだ。

マッツ・ミケルセン-(C)Getty Imagesますます活躍していくマッツ・ミケルセン

人を惹きつけて止まないマッツ・ミケルセン…その魅力は?


40代後半から突然アイドルのような人気爆発となったが、変に浮かれることもなく、かといって冷めすぎることもなく、ファンサービスなどもすべて自然体で対応している。以前来日した際、「さりげなさ(Effortless)」が自身にとって大切なキーワードだと語ったことがあるマッツ。映像ではクールに決めながら、普段はカジュアルなジャージ姿というギャップもファンには堪えられないチャームポイントのようだ。大スターになっても、取り巻きも連れず、身軽に世界を飛び回る。しなやかなプロフェッショナリズムが魅力的だ。

マッツ・ミケルセン-(C)Getty Imagesファンサービスなどもすべて自然体
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top