高橋一生&吉田羊&東出昌大、日中共同製作映画『空海』の吹替を担当!

映画

『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』吹き替えキャスト(C)2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
  • 『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』吹き替えキャスト(C)2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
  • 『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』吹き替えキャスト(C)2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
  • 『空海-KU-KAI-』(c)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
  • 『空海-KU-KAI-』(c)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
  • 『空海―KU-KAI―』(C)New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016
  • 『空海―KU-KAI―』(C)New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016
  • 『空海―KU-KAI―』(C)2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
  • 『空海―KU-KAI―』 (c)New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016
染谷将太が主演する日中共同製作映画『空海-KU-KAI-』のサブタイトル決まり、『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』となることが決定。そして、本作の日本語吹き替えキャストとして、高橋一生、吉田羊、東出昌大ら俳優陣、さらに沢城みゆき、山寺宏一ら人気声優たちが参加することが分かった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

■高橋一生、中国でひっぱりだこの俳優ホアン・シュアンを吹替!


映画やドラマだけでなく、CMなども話題となっている高橋さんが演じるのは、染谷さん演じる主人公・空海の相棒となる、ホアン・シュアン扮する稀代の詩人・白楽天。また、阿部寛演じる阿倍仲麻呂を虜にした本作の最重要人物で“傾国の美女”楊貴妃(チャン・ロンロン)を、現在放送中の人気ドラマ「コウノドリ」に出演する吉田さんが、乱世に翻弄された儚さと芯のある強い女性の二面性を優雅に演じる。

高橋さんは「空海が唐に渡った足跡は、実は意外と知られていないのではないかと思います。もちろんこれは『物語』ではありますが、この映画を観て、空海と白楽天の数奇な旅を、ぜひ体感していただきたいです」とコメント。「自分のではないお芝居に声を充てるのは想像以上に難儀」と収録した感想を語った吉田さんは、「声は自分の芝居なのに画は人の芝居の呼吸に合わせなくてはならない、そして必ずしも画の芝居通りではなく、声には大きめの表情がないと伝わり辛い…大変勉強になりました」と話す。

■東出昌大&寛一郎が声優初挑戦


また、東出さんが幻術師の弟子・白龍役(リウ・ハオラン)、寛一郎が白龍と兄弟のように育った丹龍役(オウ・ハオ)で声優初挑戦。そして楊貴妃を溺愛するあまり、中国王朝を揺るがした唐の9代皇帝・玄宗(チャン・ルーイー)をイッセー尾形が担当。そのほか、六角精児(李白役/シン・バイチン)、不破万作(黄鶴役/リウ・ペイチー)、金田明夫(高力士役/ティアン・ユー)、六平直政(妖猫役)も参加。

映像に目が釘付けになったと言う東出さんは、「吹き替えのお仕事は初めてで、しかも物語の中でのキーパーソンとなる役を演じれた事も光栄でしたが、以前も別の作品で共演した寛一郎君と再共演出来たことが嬉しかったです」と話し、一方の寛一郎さんは「初めての吹き替え、アフレコだったので単純に難しかったです。映像を通して芝居をするのと声だけの芝居って言うのは全く別のものなんだなと今回勉強になりました」とコメント。

また、『沈黙 -サイレンス-』など海外作品にも出演するベテラン俳優のイッセーさんは、「声だけで出来るかなと、ちょっと不安」と収録前は心配もあったよう。イッセーさんが演じる玄宗皇帝は37歳のチャン・ルーイーが演じており、役作りに関しては「ともかく玄宗役の中国の俳優さんとの年齢差! これをなんとかして埋めようと、それが大テーマでした(笑)玄宗さんはとても丁寧に役を作っておられました。どんなに小声で喋っても家来は耳を大きくして聞かざるを得ない! そんな風にナイーブに役作りしておられました」と語っている。

■人気声優陣も参戦!


さらに、キティ・チャン演じる春琴を「ルパン三世」峰不二子(3代目)役や、様々な海外作品の吹き替えを担当する沢城さん。玉蓮役(チャン・ティエンアイ)を「<物語>シリーズ」「PSYCHO-PASS サイコパス」の花澤香菜。牡丹役を現在公開中の『劇場版 はいからさんが通る』で主人公を演じ、声優だけでなく歌手としても活躍する早見沙織。瓜翁(チェン・タイシェン)役を、エディ・マーフィやジム・キャリーの吹き替えでお馴染み、ベテラン声優の山寺さんと、豪華人気声優陣が脇を固める。

『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』は2018年2月24日(土)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top