映画『アンパンマン』シリーズ30作目は“いのちの星”! 6月公開

映画

『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018
  • 『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018
  • 『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018
映画『それいけ!アンパンマン』の記念すべき劇場映画第30作目が、『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』のタイトルで6月30日(土)より公開されることが決定。あわせて特報映像も到着した。

1988年10月からTVアニメがスタート、翌年の1989年3月には劇場版が初公開された「アンパンマン」シリーズ。昨夏に公開された『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』は興行収入5億円を超え、乳幼児向けの作品では2015年の第27弾から異例の3年連続で5億円超えという快挙を達成。

そんなシリーズが、今年はいよいよ記念すべき映画シリーズ第30作目に突入。30年の節目となる本作は、好奇心旺盛でちょっと不思議な子“クルン”とアンパンマンたちが、いのちの星の故郷を救うために奮闘する物語。TVアニメの第1話に登場し、アンパンマン誕生のきっかけとなる“いのちの星”が映画のストーリーに大きく関わってくるという。


物語は、アンパンマンワールドでは年に一度の星祭りの準備でみんな大忙し。そんなある日、何でも吸い込んでしまうばいきんまんのゴミ箱から黒い卵が突然飛び出し、中からクルンという元気な子どもが現れた。クルンは自分がどこからやってきたのか分からないちょっと不思議な子。そんなクルンは毎日楽しくみんなと過ごしていたが、ある日黒い星がたくさん降ってきて、木や草が枯れてしまう大事件がおこる。「もしかしたらいのちの星の故郷によくないことが起こっているのかもしれない」と、アンパンマンたちはいのちの星の故郷をめざし、宇宙へ出発。果たしてアンパンマンとクルンたちはいのちの星を救うことができるのか? そしてクルンの正体とは――!?

そして、“なんのために生まれて なにをして生きるのか”というアンパンマンの原点である「アンパンマンのマーチ」を改めて映画のメインテーマ曲に捉え、本作を彩る。

また、映画の冒頭には毎年大好評のアンパンマンたちと一緒に歌って手拍子で楽しめるパートが今年も登場! 星祭りを舞台に“星にいのる”や、“サンサンたいそう”と、楽しい歌が満載だ。

『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』は6月30日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top